加藤夏希:マリのコスプレで「まだ見てない」と告白 「ヱヴァ新劇場版:破」DVD発売

アニメ
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のDVD・BD発売イベントに真希波・マリ・イラストリアスのコスプレ姿で登場した加藤夏希さん

 タレントの加藤夏希さんが26日、劇場版アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のDVD・ブルーレイ(BD)発売記念イベントに、新ヒロインの真希波・マリ・イラストリアスのコスプレ姿で登場した。アニメ好きで、ヒロイン・綾波レイのコスプレを何度も披露している加藤さんが「すいません。『破』を見てないんです私」とまさかの告白。「『序』は見まして、『破』はいつやるのかなと思っていたら、もう公開が終わってました。なので、本当に待ってました! 新キャラのマリがどうなっているのか楽しみです」と大喜びしていた。

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は、95年に放送され、大ブームを起こしたアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をリメーク。主人公・碇シンジやヒロインの綾波レイら14歳の少年少女が、巨大ロボット「エヴァンゲリオン」のパイロットとして、謎の生命体「使徒」との過酷な戦いに挑むというストーリーで、07年9月公開の第1作「序」は興行収入20億円、DVD約60万枚を売り上げた。「破」は、新ヒロイン「真希波・マリ・イラストリアス」や新たなエヴァンゲリオン「仮設5号機」などが加わり、ストーリーも大幅に変更されて09年6月に公開された。興行収入40億円を記録している。

 「破」のBD・DVDは、初回出荷が80万枚を突破し、既に「序」を超えている。BDの出荷枚数は45万枚と国内最高規模で、初週売り上げで歴代1位になるのはほぼ確実という。劇場版から1000カ所以上を修正し、新しいシーンも追加した「2.22」バージョンで、映像特典として「2.22」対応のアフレコ台本や「没カット」も収録。前作「序」の発売時に一部でプレミア化した生フィルムカットが初回特典として付く。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る