マンガ質問状:「GTO SHONAN 14 DAYS」 作者の一言「鬼塚で描いてみたいことがある」で復活

マンガ
「GTO」3巻の表紙(c)藤沢とおる/講談社

 話題のマンガの魅力を担当編集が語る「マンガ質問状」。今回は、破天荒な教師の活躍を描いて人気を博し、反町隆史さん主演でドラマ化されたマンガの特別編となる藤沢とおるさんの「GTO SHONAN 14 DAYS」(講談社)です。週刊少年マガジン編集部に作品の魅力を聞きました。 

 −−作品の魅力は?

 湘南最強の不良といわれた鬼塚英吉。彼が先生を目指すことになったのは、もちろん不純な理由(若い女子生徒とお付き合いしたい)から。でも教師になった彼が目にしたのは、1人の人間として悩み傷ついている生徒たちの姿だった。体面なんてクソくらえ! 鬼塚は、持ち前の根性と破壊力(?)で問題解決に突き進む、という型破りな教師マンガです。この作品の最大の魅力は、何といっても主人公! 世の中の常識をひっくり返しまくる、鬼塚英吉の痛快な行動の数々に大注目です!

 −−作品が生まれたきっかけは?

 藤沢先生は、常にいろいろなことに興味を持たれている方なんです。不良だった鬼塚が教師という意外な職業についたのは、そのせいではないかと思います。2年ほど前、新作の打ち合わせをしている中で、藤沢先生から「実は鬼塚で描いてみたいことがある」という話が出ました。それが現在連載中の児童養護施設を舞台とした物語です。鬼塚ならこのデリケートな問題にどう立ち向かうのか、ということは僕個人とても興味がありましたので特別編という形で連載をお願いすることになりました。

 −−作品を作るうえでうれしいこと、逆に大変なことは?

 やっぱり「GTO」の復活を喜んでくれた読者の皆さんが大勢いてくれたことです! 最初はどんな反応が返ってくるか分からず不安に思うこともありました。でも幸運なことに、以前の「GTO」を知らないという小中学生の読者からも「面白い!」という意見を数多くいただきました。これは本当にうれしかったです! そして大変なことというと……藤沢先生も、担当である僕ももう若くはないので、徹夜などの無理がきかなくなったことでしょうか(笑い)。

 −−今後の展開、読者へ一言お願いします。

 鬼塚の湘南での14日間もついに中盤に入りました! 今後もますます見逃せない怒涛(どとう)の展開が待っています! さらにひとクセもふたクセもある子どもたちが登場するのに加え、その子どもたちの問題は施設だけにとどまらない大問題へと発展していきます、そして鬼塚の取る驚くべき行動……。詳しくはぜひマガジン誌上でご確認ください! そうそう、もしかしたら鬼塚の恋愛事情にも遂に変化がある…かもですし(笑い)。どうぞよろしくお願いします!

講談社 週刊少年マガジン編集部

◇連載情報など

GTO SHONAN 14 DAYS 藤沢とおる 1~3巻 週刊少年マガジン(毎週水曜発売)で連載中

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る