世界コスプレサミット:“名古屋のアキバ”大須でコスプレーヤー700人がパレード

アニメ 芸能
「大須商店街」をパレードした世界各国代表のコスプレーヤーら

 アニメなどのキャラクターになりきる「コスプレ」の世界一を決める「世界コスプレサミット2010」(テレビ愛知主催)のコスプレパレードが31日、“名古屋のアキバ”ともいわれる繁華街「大須(おおす)商店街」(名古屋市中区)で行われ、明日代表が決まる日本をのぞいた世界14カ国の代表28人を含む約700人の一般コスプレーヤーがコスプレ姿でパレードした。

 「世界コスプレサミット」は03年にスタート。日本や米国、フランス、イタリア、ブラジルなど各国の予選を勝ち抜いた代表チームが、コスプレの完成度やパフォーマンスなどを競う「世界コスプレチャンピオンシップ」が05年から行われ、日本代表は09年に初優勝した。今年は、15カ国30人が参加。7月28日には一部の代表チームが外務省を表敬訪問、30日には中部国際空港「セントレア」で前夜祭が行われ、31日午前中は「錦通り」(同市中区)で各国の代表がプレミアムパレードを行った。

 一般コスプレーヤーは、約350人の参加が見込まれていたが、予想のほぼ倍の人数が集結。「初音ミク」や「けいおん!」「テニスの王子様」「ヘタリア」などアニメやマンガのキャラクターになりきって各国の代表らと大須の商店街を午後3時半から約1時間ほど練り歩き、最後は同所にある「大須観音」に到着した。この日、午後3時の名古屋市の気温は33.2度、にわか雨も降ったが、商店街や境内はカメラ付き携帯電話や、一眼レフカメラなどでコスプレーヤーを撮影する観客でごった返した。

 8月1日は商業施設「サンシャイン栄」(同)で日本代表選考会が行われ、午後7時から複合施設「オアシス21」(同市東区)で「世界コスプレチャンピオンシップ」が行われる。審査員は、声優の古谷徹さん、歌手の影山ヒロノブさん、カナダ人のアニソン歌手HIMEKAさんらで栄を拠点に活動する「AKB48」の姉妹グループ「SKE48」も出演する。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る