MANTANWEB(まんたんウェブ)

ニンテンドー3DS:発売日は来年2月26日 価格は2万5000円に

ゲーム
29日に発表された任天堂の新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」

 任天堂は29日、裸眼3D対応の新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を11年2月26日に発売することを明らかにした。価格は2万5000円。

 「ニンテンドー3DS」は、閉じた状態で横13.4センチ、縦約7.4センチ、厚さ2.1センチで、重さは約230グラム。上画面は3.5インチディスプレーで、3D表示に対応。3Dテレビのような専用メガネなどは不要で、裸眼で3D映像を見ることができる。下画面は従来のニンテンドーDSシリーズと同じタッチパネル操作が可能で、カメラは内側1個外側2個の計3個搭載され、左右二つ搭載された外側カメラは3Dカメラとしても使える。「3Dボリューム」で3D表示の度合いを任意に変更できるほか、ゲーム中でも、インターネットブラウザーや本体のメニューを呼び出せるようになった。

 また、スリープモード時に無線LANのアクセスポイントを自動探索し、ネット上からゲームのデータや映像などさまざまな情報を届ける「いつの間に通信」が加わったほか、「すれちがい通信」も他の3DSと複数のゲームのデータを交換できるようになるなど通信機能も強化した。

 既存のニンテンドーDS向けソフトも遊べるほか、DSiなどで購入済みのダウンロードソフトを3DSへ移行させることもできる。専用の充電台、ACアダプター、伸縮式の専用タッチペン、2GBのSDメモリーカードにカメラで撮影して遊べるARカードが6枚付く。海外での発売日と価格については、後日子会社から発表される。

 この日開かれた発表会に登場した任天堂の岩田聡社長は、3D映像について長年試作をするなど研究していたことを明かしながら、3D映像の魅力をPRするには、従来のメディアを通じた広告より、実際に体験してもらうことが重要と考えたといい、持ち歩く携帯ゲーム機の利点を利用し、新型機の魅力をアピールする。Wi-Fi通信で無料ゲームの自動ダウンロードをするなどさまざまなサービスが受けられる。AR(拡張現実)を利用したシューティングゲームも付けるなど内蔵ソフトも充実させる。岩田社長は「3DSを持ち歩くことで、周囲の人々にゲーム機の魅力が伝わる」と自信を見せた。(毎日新聞デジタル)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る