ルパン三世:「カリオストロの城」でシーンガイド導入 8日の「金曜ロードショー」で

アニメ
「金曜ロードショー」で放送される「ルパン三世 カリオストロの城」の「シーンガイド」

 8日に「金曜ロードショー」(日本テレビ系)で放送される劇場版アニメ「ルパン三世 カリオストロの城」で、放送中にシーンごとの解説や豆知識を紹介する「シーンガイド」が取り入れられることが明らかになった。同アニメはこれまでに10回以上テレビ放送された人気作だが、今回は「超高画質、超高音質」の新しいマザーテープでの初放送で、「シーンガイド」の導入で“リピーター”にも新たな驚きを提供したい考えだ。

 シーンガイドは、番組に連動した文字情報などをデータ放送で、画面下部などに表示する仕組み。アナログ放送では視聴できない。データ放送の表示中は文字データ表示のため本編の映像が縮小されるケースが多いが、今回はデータ表示中でも映像を通常より大きく表示することで、データ放送画面での視聴を促す。

 シーンガイドは8月にテレビ初放送された劇場版アニメ「サマーウォーズ」で初めて導入され好評だったため、第2弾として企画。ガイド内容は制作にかかわったトムス・エンタテインメントが監修し、カリオストロ公国のモデルになった実在の国やアニメ版ルパン三世の歴史など、作品にまつわるさまざまな裏話が盛り込まれている。またシーンガイド限定のクイズを出題し、正解者の中から抽選で10人に同アニメのブルーレイディスクをプレゼントする。

 「ルパン三世 カリオストロの城」は79年に公開。世界中で流通する偽札を追ってヨーロッパの小国・カリオストロ公国を訪れたルパンと次元は、謎の男たちに追われる美少女・クラリスと出会ったことから、大きな陰謀に巻き込まれる……というストーリー。宮崎駿監督が初めて監督を務めた劇場作品としても知られ、根強い人気を誇っている。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る