MANTANWEB(まんたんウェブ)

ラノベ質問状:「R−15」 良質な青春要素がたっぷり キュートなポーズにため息

ブック
伏見ひろゆきさん作、藤真拓哉イラストの「R−15」(角川書店)の表紙

 話題のライトノベルの魅力を担当編集者が語る「ラノベ質問状」。今回は、天才小説家の顔を持つ主人公が、天才ばかりの学園で繰り広げるドタバタを描いた「R−15」(伏見ひろゆき著、藤真拓哉画)です。角川書店・スニーカー文庫編集部の山口久美子さんに作品の魅力を聞きました。

 −−この作品の魅力は?

 主人公が天才ポルノ作家という設定とタイトルの「R−15」が相まって、エロの部分が注目されがちですが、実は作品の一番の魅力は、青春小説であることです。天才と呼ばれる生徒たちが、閃学園という全寮制の学園に入学します。彼らは天才ではあるのですが、突出した才能を持つばかりに、周囲とのいさかいやすれ違いが起こってしまいます。ですが同じ困難に面することで、最後にはクラスの心がひとつになる。そんな良質な青春要素がたっぷり入っている物語が、「R−15」の魅力です。

 −−作品が生まれたきっかけは?

 「スニーカー大賞」の奨励賞受賞作は、陰陽道を使う少年が主人公という、全然別の作品だったんです。その作品も良質な青春小説であったのですが、キャラクターが少し地味でした。ですのでもっとハジけたキャラクターを描いてみませんか?と私の方から提案させていただきました。その後、10個くらいプロットのやりとりをして、生まれたのが「R−15」でした。

 −−編集者として、この作品にかかわる喜び、大変なことについて教えてください。

 喜びはなんといっても、一番初めに原稿が読めることです。どのキャラクターも魅力的なので、「早く新刊を読ませてください! あの子とくっつくんですか!」と思ってますので。またイラストを担当する藤真拓哉さんのイラストも、ほれてしまうほど可愛く、どうしてこんなキュートなポーズが思いつくんだろう!?とため息が出てしまうほどです。

 大変なことは、このポルノ小説で男子は萌(も)えられるのか!?と毎回悩むので、伏見さんにお任せしております(あ、じゃあ大変じゃないですね)。

 −−今後の展開、読者へ一言お願いします。

 アニメ化企画も進行しておりまして、ますます見逃せない作品となってきております! 10月30日売りの雑誌「ザ・スニーカー」では表紙&巻頭特集もありますので、ぜひごらんくださいませ! 付録ではヒロインの鳴唐吹音ちゃんが、●●な姿になってますよ!(自主規制)

 角川書店 第五編集部 スニーカー文庫編集部 山口久美子

ブック アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る