注目映画紹介:「エクリプス トワイライト・サーガ」 第3弾は新種のバンパイアが登場

ブック 映画
「エクリプス トワイライト・サーガ」の一場面。TM & (C) 2010 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved 配給:角川映画

 ステファニー・メイヤーさんのベストセラー小説を映画化した08年の「トワイライト~初恋~」、09年11月公開の第2弾「ニュームーン」に続く第3弾「エクリプス トワイライト・サーガ」(デビッド・スレイド監督)が6日に公開される。バンパイア(吸血鬼)である自分の存在がベラ(クリステン・スチュワートさん)に危害を及ぼすと悟ったエドワード(ロバート・パティンソンさん)は、一度は彼女との別れを決意するが、愛の力には勝てず、再び2人で生きることに……。不完全燃焼で終わった2作目。今回はその後から物語が始まる。

 ベラにプロポーズしたエドワードと、彼の手で一刻も早くバンパイアの一員になりたいと願うベラ。そんな2人を、嫉妬(しっと)の炎を燃やしながら見守るジェイコブ(テイラー・ロートナーさん)。そこへ、“ニューボーン”と呼ばれる新種のバンパイアが現れる。ニューボーンたちはベラを追ってシアトルへ。そして、バンパイアとして絶大な権力を持つイタリアの「ヴォルトゥーリ族」たちもまた、この地にやって来る。ベラを守るために協定を結んだバンパイア族とオオカミ族。果たしてバンパイア族はベラを守ることができるのだろうか。

 原作小説は4部作。今回もまた、最終話となる次回作に話を進めるための「中継ポイント」であり、つまりラストは不完全燃焼になりそうな展開であることは否めない。物語の軸は、ベラの命を奪うために新種のバンパイアが登場し、彼らからベラを守ろうとエドワードたちカレン家の人々とジェイコブをはじめとするオオカミ族の人々が手を携える。それ以外はたいした事件も起こらず、「ベラを幸せにできるのはおれだ、いやおれだ」という若者同士の対立があり、それを見守るそれぞれの種族の大人たちがいて、その中をおろおろするベラ、というシンプルな構造の話だ。

 とはいえ、カレン家のジャスパー(ジャクソン・ラスボーンさん)とロザリー(ニッキー・リードさん)の悲しい過去といった“新事実”が明らかになり、エドワード役のパティンソンさんやジェイコブ役のロートナーさん、さらに、美形のカレン家の人々を観賞できるのはうれしい。なんだかんだ言いながら、やはり次回作は楽しみだ。ちなみに、次回作は2部構成で、「ドリームガールズ」のビル・コンドン監督が手がける。「エクリプス トワイライト・サーガ」は6日から丸の内ルーブル(東京都千代田区)ほか全国で公開。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)

ブック アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る