武井咲:油まみれの工業高生役で連ドラ初主演

テレビ
工業高校が舞台の連続ドラマで初主演が決まった武井咲さん

 ファッション誌「セブンティーン」の専属モデルを務め、化粧品のCMなどでも活躍中の武井咲(えみ)さん(17)が、11年4月スタートのテレビ朝日系ドラマ「アスコーマーチ!(仮)」で連続ドラマ初主演を果たすことが明らかになった。高校受験に失敗し、男ばかりの工業高校に入学するはめになったクラス紅一点の女子高生役を演じる武井さんは「原作を読んで学園ドラマらしい“熱くてクサい”ストーリーに感動しました。男子ばっかりの学校なんて、行きにくいだろうなあ……。そんな私自身の戸惑いもドラマでは表現できたら、と思います」と意気込みを語っている。

 同作はアキヤマ香さんの人気マンガ「アスコーマーチ!~県立明日香工業高校行進曲~」が原作。憧れの女子高を不合格となり、補欠入試で県立明日香工業高校(アスコー)に入学することになった主人公・吉野直を武井さんが演じる。新入生148人中、女子はたった3人。クラスに女子は自分だけという状況にがく然とし、「みんなと自分は違う」と周囲を見下していた直だったが、徐々に友情や恋を育み、自分の居場所を見つけていく……というストーリー。

 武井さんは現在、フジテレビ系ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」で女子生徒役を熱演中。初主演が決まったことについて「とてもうれしかったですし、本当にびっくりしました。『私でできるのかな』という不安はありますが、今はワクワクドキドキな気持ちでいっぱいです」とコメント。「『楽しいこともつらいことも学校でしか味わえない!』そんなワクワクを感じていただけるドラマになるといいなと思っています。大好きな“ツナギ”もたくさん着られるし、ファッションにも注目してくださいね」と見どころを語っている。

 また、横地郁英プロデューサーも「いま最もかっこよく美しい高校生・武井咲さんが、油まみれの工業高生を演じます。迎え撃つ、かっこよくて個性あふれる男子生徒たちにもぜひご注目ください」とPRしている。放送は毎週日曜午後11時~11時55分。(毎日新聞デジタル)

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る