ゲーム質問状:「キャサリン」 等身大の大人のゲーム “おしかりせりふ”は想像以上の迫力

ゲーム
PS3・Xbox360用ソフト「キャサリン」(アトラス)

 ゲーム制作に込めた開発者の思いを聞く「ゲーム質問状」。今回は、2人の魅惑的な女性の間で揺れる男を描いたアクションアドベンチャー「キャサリン」です。アトラスの橋野桂プロデューサーに作品の魅力を聞きました。

 −−ゲームの特徴と、セールスポイントは?

 30過ぎの頼りない男(主人公)が、迫る結婚や、浮気心に弄(もてあそ)ばれながら、昼は“シュラバ”、夜は悪夢に追い回される、一風変わったアクションADVです。

 −−開発決定の経緯は?

 「30歳を過ぎた今の自分が共感できるゲームってないなぁ」と思ったのです。映画やテレビなら、等身大の大人のドラマはゴロゴロあるのですが。なので、同じ世代に共感をもってもらえるゲームとは……と考えたのがきっかけです。HDハード初挑戦がRPGでは重いので、まずはコンパクトに、という意図もありました。

 −−今だから笑って明かせるけれど、開発当時は大変だったエピソードをお願いします。

 収録の現場で聞く、プロの女性声優さんによるおしかりせりふが、想像以上の迫力と臨場感で、男性スタッフは毎回、ナゾの圧迫感に苛(さいなま)まれることに(笑い)。

 −−ファンへ一言お願いします。

 本作には、男と女の修羅場ストーリーをマルチエンドで楽しむ魅力の他にも、メーンターゲットである大人の皆さんにとっての「あのころのゲーム」が持っていた、歯応えのあるゲーム性も特徴です。独特のルールに最初のうちは誰でも手こずってしまうかもしれませんが、慣れれば慣れるほど上達の楽しさやクリアできたときの達成感を味わってもらえるように演出しています。興味があればぜひプレーしてみてください!!

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る