河村隆一:ギネス記録を達成 6時間半で100曲熱唱「この景色が見たかった!」 

アイドル
日本武道館でギネス記録挑戦ライブを開催した河村隆一さん

 歌手の河村隆一さんが3日、日本武道館(東京都千代田区)で開催したソロライブ「“限界のその先へ”100の物語~終章(エピローグ)~」で、午後2時から約6時間半にわたって、初披露の3曲やメドレーを含む全104曲を歌い上げ、「8時間以内に100曲を歌うソロアーティスト」というギネス記録を達成。河村さんは「どうもありがとう! 正直、100曲って大変だね。でも、本当にすてきな経験をさせてもらいました。この景色が見たかった。誰も見たことのない景色が見たかった!」と感激のコメントを発した。ライブの最後には記録が認定され、ギネス・ワールド・レコーズ・ジャパンから認定書を手渡された河村さんはピースサインで満面の笑みを浮かべた。

 この日のライブは、「“限界のその先へ”100の物語~終章(エピローグ)~」と題して、3月9日に発売したソロカバーアルバム「THE VOICE」のリリース記念の一環として開かれた。河村さんは08年2月に行われた日本武道館でのソロライブでは4時間半で71曲を歌い上げていたが、今回は40歳という節目の年に「もう一度だけ挑戦してみよう」と新記録に挑んだ。6時間半におよぶ長時間ライブは武道館では初という。公演は当初、3月13日に予定されていたが、震災の影響で延期となり、ギネス記録挑戦ライブとして通常の30%減の電力で行われた。

 この日の公演は3部構成で、河村さんはヒット曲「Song for you」「朝顔」をピアノの弾き語りで披露したほか、3月に発売したニューアルバム「THE VOICE」に収録されているカバーソング「愛はきらめきの中に」「虹の彼方に」「雨音はショパンの調べ」の3曲の初披露も。午後2時から約6時間半、幕あいには全身をアイシングで冷やし、吸入器のスチームでのどの乾燥を防ぐなどしながら、全104曲の長時間ライブを“完走”した。

 河村さんは、89年に「LUNA SEA」を結成し、92年にデビュー。「BELIEVE」などのヒット曲を生み、人気を博したが、96年に1年間の活動を休止。97年にシングル「I love you」でソロデビューし、「Glass」は100万枚以上のセールスを、オリジナルアルバム「Love」は300万枚以上のセールスを記録。「LUNA SEA」は00年に「終幕」を宣言し活動を休止したが、10年に活動を再開している。(毎日新聞デジタル)

アイドル アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る