新宿アニソンスコープ:一騎打ちの争いはスフィア「LET・ME・DO!!」に軍配

アイドル
スフィアのシングル「LET・ME・DO!!」(特別生産盤)のジャケット

 タワーレコード新宿店のチーフ兼アニメ部長・馬嶋亮さんが、アニソンの売れ筋や、販売現場の生の声をお伝えする「新宿アニソンスコープ」。洋楽のメッカとして知られるタワレコの中で、アニソンが充実し、巨大なPOPの展示やインストアライブを開くなど業界注目の新宿店の7月25~31日の1位は、人気の4人組声優ユニット「スフィア」の「LET・ME・DO!!」だった。

 ◇先週の結果

 予想通り「LET・ME・DO!!」と、音楽ユニット「marble」のアニソンカバーアルバム「うた種」がワン・ツーを飾りました。「LET・ME・DO!!」は、初動の売れ行きも良く、改めてスフィアの人気の高さを再認識させられる売れ方でした。2位の「うた種」は、「marble」を以前から新宿店でもよく取り上げていたこともあり、ファンにしっかり手に取ってもらえました。曲のクオリティーも高く、アレンジ力もある非常に良いアルバムで、構えずに軽い気持ちで聴いてほしいですね。

 4位は、アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」のキャラソン第1弾「アイドルソング★一十木音也(cv.寺島拓篤)」で、新宿店では異様な盛り上がりを見せています。店舗で企画を展開中であることは前回も触れましたが、訪れた人たちが写真を撮るなど“聖地”と化しています。ここまで売れるとは驚いています。

 ◇今週の動向

 アニメ「BLOOD-C」のエンディング曲で水樹奈々さんの「純潔パラドックス」が圧倒的。続くのはアニメ「日常」のオープニング曲で、ヒャダインの「ヒャダインのじょーじょーゆーじょー」になりそう。注目は、アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」のキャラソン第2弾「アイドルソング★聖川真斗」で、トップ10のうち4曲が同アニメの曲という可能性もありえます。他では、アニメ「セイクリッドセブン」のエンディング曲で南里侑香さんの「輝跡-kiseki-」、オープニング曲で「FictionJunction」の「stone cold」にも注視しています。

 ◇タワーレコード新宿店アニソンコーナーランキング(7月25~31日)

1 「LET・ME・DO!!」スフィア シングル

2 「うた種」marble ※アニメ「ふしぎの海のナディア」「マクロスF」など アルバム

3 「るろうに剣心 Complete Collection」 アルバム

4 「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000% アイドルソング★一十木音也(cv.寺島拓篤)」 寺島拓篤 シングル

5 「マジLOVE1000%」ST★RISH ※アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」ED シングル

6 「不完全燃焼/スイッチが入ったら」石川智晶 ※アニメ「神様ドォルズ」OP・ED シングル

7 「パンティ&ストッキングwithガーターベルト THE WORST ALBUM」TCY FORCE ※アルバム

8 「カワルミライ」ちょうちょ ※アニメ「神様のメモ帳」OP シングル

9 「オルフェ」宮野真守 ※アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%」OP シングル

10 「ユルアニ? COMPILATION CD 1」 アルバム

※左から順に、タイトル、アーティスト、※印は収録された作品

 ◇プロフィル

 馬嶋亮(まじま・りょう) タワーレコード新宿店7階(邦楽・販売促進)チーフ兼アニメ部長。イベント、ROCK/POPS、J-POPと渡り歩き、現在に至る。ヒャダインは素晴らしい。

アイドル アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る