コミケ80:日本最大の同人誌即売会が12日開幕 義援金募集 コスプレも見どころ

アニメ ブック ゲーム マンガ
「コミックマーケット80」のカタログ

 日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)80」が12~14日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる。今回は、東日本大震災を受けて50万人以上が見込まれる参加者から義援金を募る。また「コスプレ」は今回から華やかな演出が可能となり来場者の目を引きそう。09年夏と10年夏に記録した56万人の来場者数を更新するか話題を呼びそうだ。

 コミケは、75年から始まったマンガや小説、音楽、ゲームソフトなどの同人誌即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。初日はマンガやテレビゲーム、オンラインゲームなどを扱うサークルが集結。2日目はアニメ、ライトノベル、弾幕シューティングゲームから生まれた作品群「東方Project」、男性アイドルなどのサークルが集まる。最終日の3日目はオリジナル・創作系がそろい、プロ作家も多数参加することから、毎年、最もにぎわいを見せる。

 西館の企業ブースでは、ゲームやアニメ、マンガ関連メーカー、出版社など約150のブースが出展、限定グッズなどを販売したり、最新情報を発信する。また、岡山県倉敷市の観光課が地方自治体として初めて参加する。

 コスプレーヤーがコスチュームを披露する「コスプレ広場」は、「魔法少女まどか☆マギカ」や「タイガー&バニー」などの人気アニメのキャラクターが人気になりそう。コスプレはルールの変更があり、従来は30センチ以内だったアイテムが、今回は分解して持ち運べることなどを条件に大きなアイテムを持ちこむことが可能となった。従来では不可能だった演出で、来場者にサプライズを与えられるか。

 元々、ビッグサイトで開催されるイベントの中では、群を抜いて電力消費量の少ないコミケだが、一部の設備を停止したり、照明を落とすなど節電に協力する。また東日本大震災の義援金受け付けは、準備会のインフォメーションコーナーと更衣室前に設ける。

 1日当たり最大20万人が来場する日本で有数のイベントだけに事前の情報収集が必須となってくる。混雑緩和のため、「一方通行」になっている場所もあり、誘導のため多くのスタッフも配置されているが、「会場内で走らない」「隣の人の邪魔にならないよう荷物を持つ」などの注意事項を守ることが求められる。参加サークルの紹介と、コミケの心得が書かれている「カタログ」(会場でも2000円で販売)を読んで理解しておくこと。また、午前中は人気の同人誌、企業ブースの限定販売グッズを目指して、ファンが殺到する早朝の列は“名物”となっている。様子見程度であれば、混雑が緩和する午後からの来場がおすすめだ。

 そして夏のコミケでは、飲料水や帽子、タオルを携帯するなど、熱中症対策は、参加のための絶対条件となる。今年も、全国で熱中症などで倒れる人が続出している。当日の体調がすぐれない場合は、参加を見送る勇気も必要だ。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る