ドラえもん:ジャイアンが“空き地”でリサイタル 親子連れ200人に意外と好評

アニメ マンガ
テレビ朝日1階に再現された“空き地”で開催された「ボエボエ!リサイタル」で熱唱するジャイアン(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

 人気アニメ「ドラえもん」のキャラクター・ジャイアンが20日、東京・六本木のテレビ朝日で開催中のイベント「夏休み テレビ朝日 ボエボエ!ドラえもんパーク」に登場。同局1階に再現されたドラえもんたちの遊び場「空き地」を舞台に、「ボエボエ!リサイタル」と題して自慢の歌声を披露した。6月に発表した新曲「ジャイアンにボエボエ」を熱唱。約200人の親子連れを前に「今日はお客さんがたくさん来てくれて、最高に気分良く歌えたぜ!」と上機嫌だった。

 同局1階で開催中の「ドラえもんパーク」では、ドラえもんたちの遊び場である「空き地」が、ジャイアンのリサイタル会場バージョンで再現されており、この日は、ジャイアンが、ドラえもん、のび太、しずか、スネ夫といったいつもの仲間とともに登場。派手な衣装でやる気満々のジャイアンに、ドラえもんたちは戦々恐々としていたが、約200人の親子連れらが見守る中、ジャイアンは「おれ様が作った魂の新曲だ!」と自慢ののどを存分に披露した。

 アニメやマンガの世界では「ボエー!」という強烈な声で、のび太たちを何度も苦しめてきたジャイアンだが、現実の“ジャイアン・オン・ステージ”に、子どもたちからは「おもしろかったです」「歌がすごかったです」「怖くなかったです」などと意外?に好評だった。ジャイアンは「心の友よ! ありがとなー!」とふんぞり返り、「さらに鍛えてくるから、また絶対聞きに来てくれよ!」と呼びかけ、ドラえもんたちをげんなりさせていた。

 「ドラえもんパーク」は、ドラえもんの誕生日の9月3日に開館する「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」のオープンを記念して開かれる期間限定のイベント。ドラえもんの誕生100年前となる2012年を前に、今年から来年にかけての1年を「ドラえもん誕生100年前祭」として展開されるさまざまな企画の一環。同局の1階アトリウムにドラえもんたちの遊び場である「空き地」を再現したほか、数々の「ひみつ道具」なども展示。9月12日まで。入場無料。

 ジャイアンの「ボエボエ!リサイタル」は、20、21の両日、午前11時、午後1時、午後3時の3回ずつ開催。入場無料。さらに、「ボエボエ!リサイタル」が行われる20、21日には、同局の屋外で「六本木ヒルズ盆踊り2011」も行われる予定で、盆踊りのやぐらにドラえもんも登場し、「ドラえもん音頭」を披露するという。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る