らんま1/2:ドラマ版、田山涼成が悪役に ライバル・帯刀に永山絢斗、姉なびきは西山茉希

マンガ テレビ
ドラマ版「らんま1/2」に出演する(左から)永山絢斗さん、西山茉希さん、金井勇太さん、田山涼成さん=日本テレビ提供

 高橋留美子さんの大ヒットマンガを原作に、12月に新垣結衣さん主演で実写ドラマ化される「らんま1/2(にぶんのいち)」(日本テレビ系)のキャスト陣が発表され、乱馬のライバル・九能帯刀役に永山絢斗さん、新垣さん演じる天道あかねの姉で次女のなびき役に西山茉希さんが起用されたことが明らかになった。また、個性派俳優で田山涼成さんが、あかねの通う高校の教頭で、ドラマオリジナルの敵・小蒲田(おかまだ)を演じる。

 「らんま1/2」は、「うる星やつら」「めぞん一刻」などでも知られる高橋さんが87~96年にマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載。父の玄馬と無差別格闘流の修行に励んでいた乱馬は、修行先の中国・呪泉郷で、水をかぶると女性に変わり、お湯をかぶると男性に戻る特異体質になってしまう。帰国した乱馬は、玄馬の親友・天道早雲の家に親子で居候することになり、ひょんなことからいいなずけになった早雲の娘・あかねら個性的な人々とのコミカルな日常が展開する。コミックスは累計5300万部を発行し、89年にはテレビアニメ化されたほか、10種類以上のゲームも発売されるなど人気を集めた。

 ドラマ版は、新垣さん演じるあかねを軸にしたオリジナルストーリーが展開。天道家の跡継ぎとして道場を守る決心をしていた三女のあかね(新垣さん)だったが、ある日突然父の早雲から、「跡継ぎは男に限る」と勝手にいいなずけを決められてしまう。しかもそのいいなずけである乱馬(賀来さん/夏菜さん)は、水をかぶると女性になってしまう特異体質だった。完全な男に戻れる「秘湯」のありかをめぐり、乱馬と謎の敵が戦いを繰り広げるが、手がかりをにぎっているのはあかねだった……。

 永山さん演じる帯刀は自称「蒼い雷」の剣道部主将で、あかねと女性になったらんまに恋をしてしまい勝手に苦悩する原作の人気キャラクター。西山さん演じるなびきは金にうるさくドライでちゃっかりした性格のトラブルメーカーだ。また、あかねに片思いするクラスメート・五寸釘光を金井勇太さんが演じる。 (毎日新聞デジタル)

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る