マンガ新連載:「ギルティクラウン」 新作アニメを満月シオンさん作画でコミカライズ

マンガ
新連載「ギルティクラウン」が表紙を飾った「少年ガンガン」11月号の表紙

 雑誌で連載が始まった注目作を取り上げる「マンガ新連載」。フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で13日から放送されるオリジナルアニメのコミカライズ作品「ギルティクラウン」の連載が、12日発売の「少年ガンガン」11月号(スクウェア・エニックス)で始まった。

 「ギルティクラウン」は、10年前にウイルスの流行で混乱して無政府状態となり、形だけの自治権が与えられた2039年の東京が舞台。普通の高校生だった主人公・桜満集(おうま・しゅう)が、日本独立を目指すレジスタンスを率いる若き首領・恙神涯(つつがみ・がい)や、レジスタンスの一員で歌姫の楪(ゆずりは)いのりと出会う……という物語。構成は脚本家で舞台演出家の宮城陽亮(ようすけ)さん、作画は満月(みづき)シオンさんが担当する。12日からガンガンNETで第1話の一部を試読できる。(毎日新聞デジタル)

 ◇少年ガンガン編集部 斉藤和紀さん

 2カ月連続コミカライズ新連載の第1弾、「ギルティクラウン」。10月12日発売の少年ガンガン11月号より、ついにスタートです!

 主人公・集の前に現れた謎の美少女いのり。その美少女が敵に連れら去られそうになり、主人公は大慌て……。助けにいきたいけど、足が動かない……。良心の呵責(かしゃく)を感じながらも、結局何もできない主人公。そんな彼が、ある力を手に入れることで、戦いに巻き込まれていくことになり……。

 本当の勇気とは? そして、人と人との絆とは? 主人公・集は、それらの答えを見つけることができるのか。ぜひ、その成長をあなたの目で見届けてください。

 作画を担当するのは、スクウェア・エニックスマンガ大賞で特別大賞を受賞した満月シオン先生。アニメのクオリティーに負けない超美麗な作画で、最高の「ギルティクラウン」をお届けします。

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る