ZETMAN:桂正和の人気マンガ、12年4月にテレビアニメ化

アニメ マンガ
テレビアニメ化が明らかになった桂正和さんの人気マンガ「ZETMAN」

 累計350万部を突破している桂正和さんの人気マンガ「ZETMAN」が12年4月にテレビアニメ化されることが19日、明らかになった。アニメ「D.Gray-man」などの鍋島修さんが監督を務め、脚本は「ポケットモンスター」の冨岡淳広さん、キャラクターデザインは「アイシールド21」の高谷浩利さんが担当することもわかった。

 「ZETMAN」は、「ウイングマン」「電影少女」などの桂さんが「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で02年から連載しており、コミックスは15巻までで累計350万部を発行している。手の甲にサークル状のコブを持つ不思議な少年ジンは、ホームレスの集うコロニーで平穏に暮らしていた。ところが、突然出現した異形の殺人鬼に育ての親を殺されたことから、怒りの感情が爆発して驚異的な力を発揮する一方、自分をコントロールできなくなるようになってしまう。やがて、ジンは、次々と現れる「プレイヤー」と呼ばれる異形の怪人たちとの戦いを繰り広げていくのだが……という壮大なヒーローアクション。

 テレビアニメ化は、同日発売されたコミックス16巻の帯と巻末で告知されており、巻末の告知では「圧倒的なクオリティと高密度なストーリーテリングで展開するアニメ版ZETMAN 2012.APRIL OUT」などと記載されている。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る