MANTANWEB(まんたんウェブ)

ガンプラW杯:日本代表は8歳の女の子 優勝作品は「夏休みの自由研究」

アニメ グッズ
トロフィーを掲げるジュニアコース優勝の畑めいさん写真=畑真幸さん提供

 アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」の“作り手世界一”を決める「ガンプラビルダーズワールドカップ(W杯) 2011」の日本代表選考会(11月6日)で、14歳以下が応募できるジュニアコースに、北海道に住む小学2年生の畑めいさん(8)が作った「ザクとの戦い」がグランプリに選ばれた。ザクが戦車を踏みつけたり、戦車をバズーカで狙撃する迫力あるシーンを表現したもので、大会の審査員も「ストーリーを感じさせる作り」「迫力があるジオラマ」など絶賛する傑作だ。25日に行われる世界大会に日本代表として挑むめいさんに、W杯に向けての意気込みやガンプラとの出会いなどを聞いた。(毎日新聞デジタル)

 「ガンプラビルダーズW杯」は今年初めて行われる大会で、25日に香港で開催され、日本のほか中国、韓国、台湾、シンガポール、米国、イタリア、豪州など世界12カ国・地域が参加する予定(タイは洪水の影響で不参加)。15歳以上が応募できるオープンコースと14歳以下のジュニアコース、それぞれの中から世界チャンピオンを決定する。めいさんは、オープンコースで優勝した山口達彦さんとともに、日本代表として世界の頂点を目指す。

 −−優勝した感想を教えてください。

 うれしかった。(優勝を聞いた時は?)すごい、びっくりした。お母さんが泣いて喜んでいました。

 −−優勝する自信はありましたか?

 あんまりなかった。(ジュニアコース決勝大会に残った)「ナイトメア・ハイゴック」には勝てないと思ってました。

 −−「ザクとの戦い」で難しかったところは?

 ワッパ(ザクの下で飛んでいる小さな乗り物)です。一番見てほしい。

 −−「ザクとの戦い」を作ろうと思ったきっかけは?

 前からジオラマから作ってみたくて。(ザクを選んだ理由は?)ジオン軍が作りたいなという気持ちがあったから、ザクにしたらってお父さんに言われて。

 −−制作期間はどれぐらい?

 2週間ぐらい。夏休みの自由研究で作りました。学校に出して、みんなにびっくりされました。

 −−ガンダムは好き?

 好きです。ガンダムの種類では「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」、キャラクターはバナージ・リンクスが好き。

 −−初めてガンプラを作ったのはいつですか?

 2年生の春休み。今年の3月ごろ、(きっかけは?)ジオラマが作ってみたくて。お父さんが最初に作っていて、楽しそうだなと思って始めました。(お父さんもW杯に応募されたと聞いたけど?)お父さんは1次(審査)で落ちました……。

 −−ガンプラの好きなところは?

 作っているときは難しいんだけど、楽しくて、あと、できあがった後はみんな褒めてくれてくれるから、そういうところが好き。

 −−W杯の意気込み、自信は?

 少し自信がある。(自信の理由は?)勝ちたいなって思って。(世界大会頑張ってください)はい!

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る