PSVita:2日間で32万台 3DSには及ばず

ゲーム
17日に発売された新型携帯ゲーム機「プレイステーションVita」

 17日に発売されたソニーの新型携帯ゲーム機「プレイステーション(PS)Vita」が発売から2日間で約32万1000台を売り上げたことが、ゲーム雑誌大手のエンターブレインの調べで明らかになった。2月に発売され、2日間で約37万1000台を売り上げた任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS(3DS)」の記録には及ばなかったものの、年末商戦の携帯ゲーム機対決の行方に注目が集まる。

 「PSVita」は、5インチの有機ELのディスプレーを実装し、Wi-Fi通信や携帯電話回線(3G)など通信機能が充実。前面ディスプレーと背面にタッチパッドが用意されているほか、ジャイロセンサーや加速度センサーを備える。価格はWi-Fiモデルが2万4980円、3G・Wi-Fiモデルが2万9980円。10月に事前予約を受け付けたところ、インターネットでは20分で“完売”し、発売日の17日の朝には東京都内の大手量販店に長蛇の列ができて話題になった。

 調査はファミ通データ協力店3600店の売り上げデータを基に集計した。 (毎日新聞デジタル)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る