MD松尾のヒット解析:「魔装機神2」がトップ 「心霊カメラ」は品切れ

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神2」(PSP、バンダイナムコゲームス)がトップでした。PSPでは久々の大型タイトルということで売り上げを伸ばしました。特に、新たに制作された前作のPSP版が付いた限定版の人気が高かったですね。また7位の「心霊カメラ」(3DS、任天堂)は、予想以上の人気で多くの店舗で品切れ。値段が手ごろなことに加え、心霊写真風の写真が撮れるということで、ライトユーザーにも受け入れられたのかもしれません。

 ◇今週の動き

 「モンスターハンター3G」(カプコン)、「マリオカート7」(任天堂)と年末商戦で3DSの躍進を支えたヒット作が1、2位に返り咲きそう。3位とみているのは新作の「リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産」(3DS、セガ)です。ストーリー性のある新感覚リズムアクションで、榮倉奈々さんらが出演しているテレビCMの影響もあるのか予約が増えています。

 ◇ランキングは次の通り。(9~15日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神2(PSP)

2位 モンスターハンター3G(3DS)

3位 マリオカート7(3DS)

4位 無双OROCHI2(PS3)

5位 スーパーマリオ3Dランド(3DS)

6位 ファイナルファンタジー13−2(PS3)

7位 心霊カメラ(3DS)

8位 ジャストダンスWii(Wii)

9位 イナズマイレブンGO シャイン(3DS)

10位 イナズマイレブンGO ダーク(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約500店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。96年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。02年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る