忍者ハットリくん:25年ぶり新作アニメをインドで制作・放送 日本に逆輸入も

アニメ マンガ
シンエイ動画のアニメ「忍者ハットリくん」公式サイトの画面

 人気アニメ「忍者ハットリくん」の25年ぶりとなる新作アニメがインドで制作・放送されることが14日、テレビ朝日の定例会見で明らかになった。新作アニメは、同局の子会社「シンエイ動画」と現地の大手制作会社「リライアンスメディアワークス」が共同で制作し、今年5月から現地で放送を開始する予定。同局の早河洋社長は「アジアの中でもインドでビジネスの突破口を開こうという試み。日本でも逆輸入する形で放送するし、アジアの各国でもアニメ専門チャンネルなどにセールス活動を行っている」と狙いを語った。

 同局は、アジアでのコンテンツ展開に力を入れており、海外での収益拡大を目指して、博報堂DYメディアパートナーズとともに、「忍者ハットリくん」の新作アニメを軸にインドでの新規ビジネスに進出する。現地での放送と同時に、ハットリくんのキャラクターを使用したCM制作も行う予定で、すでにパナソニックの参加が決まっているという。日本での放送形態や時期などは未定。

 同国では、海外で人気の高いアニメ「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」よりも「ハットリくん」が人気を集めていたことから選ばれ、「アニメ制作能力の高さや制作費の安さ」などから現地制作となった。また、アニメの内容をインド向けにアレンジすることはないといい、早河社長は「微妙なところが日本の作家と違うが、ほとんど差はない。私も実際に見たが違いはわからなかった」と説明した。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る