AKB48指原莉乃:「サマンサタバサ」モデルに大抜てき 「JJ」表紙デビューも決定

芸能
ファッションブランド「サマンサタバサ」の“ミューズ”に起用され「JJ」の表紙を飾るAKB48の指原莉乃さん

 人気アイドルグループ「AKB48」の指原莉乃さんが、ファッションブランド「サマンサタバサ」のミューズ(プロモーショナルモデル)に起用され、23日発売の女性ファッション誌「JJ」4月号(光文社)の表紙を飾ることが22日、明らかになった。

 指原さんは、「サマンサタバサDELUXE 表参道GATES店」(東京都港区)で同日行われた“ミューズ”契約の記者発表に出席。ジャージー姿で番組に出演していたこともあり、ファッションとは縁遠いと思われていた指原さんだが、“まさか”の大抜てきに「一言では言い切れないくらい、どうしてこうなったという。私もよく状況が分かっていなくて、今でも信じられない」と驚きの表情。

 表紙の撮影については「一生ないだろうなと思うので、今世紀最大のどや顔を決めようと思って、ちゃんとした気持ちで臨みました。指原って普段何をしてもださいので、カメラマンさんの腕もあってきれいに仕上がっているので、すべてはカメラマンさんのお陰」と控えめに語っていた。

 初主演ドラマ「ミューズの鏡」(日本テレビ)の主題歌でソロデビューすることも決定していたが、そのCDの発売日が5月2日に決定したことも発表され、「もしかして発売されないんじゃないかとも思っていたので、一安心。ぜひ聴いていただければ」と笑顔で語った。

 「サマンサタバサ」グループは、バッグとジュエリーの企画・製造・販売を行う日本企業「サマンサタバサジャパンリミテッド」が運営するファッションブランドで、これまでに米歌手のビヨンセさん、スペインの女優、ペネロペ・クルスさんとその妹のモニカ・クルスさん、英歌手でプロサッカー選手デービッド・ベッカムさんの妻のビクトリア・ベッカムさんや、モデルの蛯原友里さんをミューズに起用。AKB48では、“おしゃれ番長”として知られる板野友美さんが“ミューズ”として活動していた。

 指原さんは昨年の「第3回AKB選抜総選挙」で、前回19位からメディア選抜圏内の9位に大躍進、1月にスタートした深夜ドラマ「ミューズの鏡」ではドラマ初主演を果たし、同作の主題歌でのソロデビューも決定。初のフォトブック「さしこ」(講談社)も1月に発売されるなど活動の幅を広げている。同写真集は発売初週で5万7000部を売り上げ、オリコン週間本ランキング(1月30日付)の写真集部門で首位を獲得し、08年の同ランキング発表開始以来、女性ソロ写真集の初週売上部数として歴代トップの記録となっている。(毎日新聞デジタル)

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る