リトル・チャロ:新シリーズの舞台は東北 民話の世界を冒険する日本語アニメに

アニメ テレビ
「リトル・チャロ東北編」のメーンビジュアル

 子犬のチャロが東北地方の民話の世界を舞台に新たな冒険を繰り広げるアニメ「リトル・チャロ東北編」がNHK・Eテレで4月7日からスタートすることが22日、明らかになった。東北出身の藤あや子さんが主題歌「忘れない」を担当。25日と30日にはシリーズスタートを前に特集番組が放送される。

 「リトル・チャロ」は、08年4月~09年3月に同局がテレビやラジオなど複数メディアをまたいで展開した英語講座で、子犬のチャロの冒険を描いた英語アニメが人気を博し、10年4月には続編「リトル・チャロ2」が制作された。「リトル・チャロ東北編」は全12回の日本語アニメとして放送する。

 「リトル・チャロ東北編」は大好きな飼い主の翔太とともに岩手・遠野にやってきたチャロがふとしたことをきっかけに民話の世界へと足を踏み入れ、邪悪な妖怪・手長足長の復活を防ぐために伝説の「八ツ星の札」探しの旅に出る……というストーリー。チャロが旅の中で地元の人々や動物、妖怪との出会いを通して成長していく様子を描いている。

 25日放送の特番「リトル・チャロ東北編スペシャル ~神宿る里へ~」では、東北各地に伝わる民話や文化のドキュメントを交えて、新シリーズの世界を分かりやすく紹介する。NHKBSプレミアムで午前10時~11時半に放送。30日放送の「チャロが東北にやってきた ~民話ファンタジック授業 in 遠野~ 」では、遠野に集まった子供たちが「リトル・チャロ東北編」を見ながらその背景にある民話の世界をクイズや体験を通して学ぶ。NHK総合で午前8時15分~9時放送。

 30日には番組公式ページを被災地の復旧・復興を支援するNHK東日本大震災プロジェクト「明日へ~支えあおう~」の公式サイト内に開設予定。同番組は毎週土曜午前9時20分~9時半放送予定。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る