AKB48前田敦子:不動のセンターが卒業を発表 6年半の活動に幕

アイドル
「AKB48」からの卒業を発表した前田敦子さん(2011年6月撮影)

人気アイドルグループ「AKB48」の前田敦子さん(20)が同グループを卒業することが25日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催されたコンサートで発表された。前田さんは「14歳のときにAKBに入るための大きな決断をしました。20歳の目標に向かって2度目の大きな決断をさせてください。AKB48を卒業します」と泣きながら自ら明かした。卒業時期は未定。

 前田さんは05年12月に東京・秋葉原のAKB48劇場で開催されたAKB48の初ステージに登場以来、センターとして活躍。選抜メンバーを決める「選抜総選挙」では09年の第1回は1位、10年の第2回は大島優子さんに次ぐ2位だったものの、第3回は1位に返り咲いた。

 また、11年には映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(もしドラ)」(田中誠監督)やドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(フジテレビ系)で主演を務めたほか、ソロデビュー曲「Flower」を発表した。(毎日新聞デジタル)

アイドル アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る