高橋みなみ:“決意”の握手で前田卒業悟る スーパーアリーナでの舞台裏を明かす 

ブック 芸能
美容雑誌「MAQUIA」の5月号に掲載される化粧ブランド「ランコム」のマスカラミューズに起用され、トークショーに登場した「AKB48」の高橋みなみさん

 人気アイドルユニット「AKB48」の高橋みなみさんが、美容雑誌「MAQUIA(マキア)」(集英社)の5月号に掲載される化粧ブランド「ランコム」のマスカラミューズ(イメージモデル)に起用され、1日、銀座三越(東京都中央区)で行われたトークショーに登場。先日、AKB48からの卒業を発表した前田敦子さんについて、1年ぐらい前から話を聞いていたという高橋さんは、「(卒業を発表した)さいたまスーパーアリーナの初日に(卒業について前田さんが)『言うと思う』と話していて、ピンとこなかったところがあったんですけど、(ステージが)始まる前に、初めて『よろしくね』って(前田さんと)握手をして、本気なんだなと思いました」と卒業の舞台裏を明かし、「最近決めた決断ではなくて、ずっと考えて至った結果だと思うので、応援してあげてほしい」と呼びかけた。

 同トークショーは、マキアとランコムのタイアップ企画として実施され、「MAQUIA×ランコム 限定ドールアイキット」を購入した女性限定で行われた。AKB48では自分でメークすることが多いと語る高橋さんは、メンバーの小嶋陽菜さんを手本にしていることを明かし、「一番こだわりを持っている人で、参考にしたいけど、(自分と)顔の作りが違う……。ひっそりと勉強させてもらっています」と自虐的に話し、記者たちを笑わせていた。

 またトーク中、ランコムのマスカラミューズ起用に、「私でいいのかな」と謙遜する一幕も。「21歳目前なんで、エレガントな女性に一歩でも近づけるように頑張りたい」と笑顔を見せていた。(毎日新聞デジタル)

ブック アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る