ローラ:劇場版「ポケモン」で声優初挑戦 さらにソロデビュー曲が主題歌に決定

アニメ 映画 ゲーム アイドル
劇場版「ポケットモンスター」最新作で声優デビューを飾るローラさん(左)とピカチュウ (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2012ピカチュウプロジェクト

 タレントのローラさんが、人気アニメの劇場版「ポケットモンスター」最新作の長編「キュレムVS(たい)聖剣士 ケルディオ」(湯山邦彦監督)で、声優に初挑戦することが10日、明らかになった。ローラさんは、主人公・サトシたち一行が旅の途中で出会う天真らんまんで明るい元気な女の子・マリン役で出演。「本番の日までのどがカラカラにならないように、今日からはちみついっぱい食べる!」といつもの“ローラ”節で意気込みを語っている。

 また、ローラさんのCDデビュー曲が「キュレムVS(たい)聖剣士 ケルディオ」の主題歌に決定。タイトルは「Memories」(ユニバーサルミュージック)で、同映画の湯川監督は「作品にぴったりの大きなスケール感を感じた」と評価する感動的な楽曲に仕上がっているという。7月に発売を予定。

 小さいころからポケモンが大好きだったというローラさんは、初CDが主題歌に決まり、「主題歌を歌うって聞いたときはすごくうれしかった! 本当にハッピーハッピー! みんなで一緒にいっぱい(歌を)聴いてね。映画を見に来てね!」とコメント。また、ピカチュウとのツーショット写真撮影時には「(ピカチュウに会ったのは)初めて! こんなに大きかったなんて、ビックリ(笑い)。顔が大きくてとっても可愛い!」と初対面に興奮していた。

 「ポケットモンスター」の劇場版最新作は長編「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」と短編「メロエッタのキラキラリサイタル」の2本立てで上映。「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」には、幻のポケモン「ケルディオ」が登場。旅の途中、サトシとピカチュウたちは、見たことのないポケモンが傷つき倒れているのを発見する。それは、世界やポケモンを守っている“聖剣士”と呼ばれる3体のポケモン、コバルオン・ビリジオン・テラキオンの後継者といわれるケルディオだった。そこへ突然、地上最強のドラゴンポケモン・キュレムが現れ、サトシたちに襲いかかる……というストーリー。

 「メロエッタのキラキラリサイタル」は、歌やダンスが得意な幻のポケモン「メロエッタ」が主人公。メロエッタのリサイタル中、砂嵐が起きて、音を奏でていたメロディベリーが吹き飛ばされてしまい、みんなで大捜索……という内容で、ワニノコやチコリータ、アチャモなど懐かしのポケモンも登場する。7月14日から全国で同時上映。(毎日新聞デジタル) 

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る