第1子女児を出産したほしのあきさん
第1子女児を出産したほしのあきさん

 タレントのほしのあきさんが12日、第1子の女児を出産したと所属事務所がファクスで発表した。母子ともに健康という。

 ほしのさんは同日午後9時過ぎにブログを更新し、「今日、午後4時6分に元気な女の子を出産しました。陣痛の痛みにはビックリしたけど、こんなに可愛い天使ちゃんが産まれてきたら、痛みなんかは忘れちゃいますね」と出産の喜びを語り、「つわりもなく、楽しいマタニティーライフを過ごさせてくれて、最後も安産で産まれてきて、本当に親孝行な娘ちゃんです」と早くも親ばかぶりを発揮している。

 ほしのさんは日本中央競馬会(JRA)の三浦皇成騎手と11年9月に結婚。翌10月には妊娠3カ月と発表していた。ブログには赤ちゃんの手が写った画像を掲載し、赤ちゃんの顔つきについて「娘ちゃんは、口元のチョン(おちょぼ口)は、私にそっくり。他は、だんなさん似かな。手が大きいのもだんなさんと一緒~」とコメントしている。(毎日新聞デジタル)

 ◇出産報告ブログ全文(原文まま)。

ご報告☆

今日、午後4時6分に元気な女の子を出産しました

陣痛の痛みにはビックリしたけど、こんなに可愛い天使ちゃんが産まれて来たら、痛みなんかは忘れちゃいますね

つわりもなく、楽しいマタニティーライフを過ごさせてくれて、最後も安産で産まれて来て、本当に親孝行な娘ちゃんです

娘ちゃんは、口元のチョンは、私にそっくり

他は、旦那さん似かな

手が大きいのも旦那さんと一緒~