「ヒット解析」でおなじみ、TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さんが、その経験と綿密な調査で、月間ランキングを大胆に予測する月1回の企画「MD松尾の月間ヒット予測」です。

 11年6月は、延期されていた「龍が如く OF THE END」(PS3、セガ)が発売されトップを獲得するなど、震災による落ち込みからの巻き返しがスタートした月でした。また、「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」(任天堂)などの発売もあって、3DSも本格始動した印象です。中でも「ゼルダ」は、発売2週目以降もほとんど売れ行きは衰えず、それまでなかった若年層を取り込むことにも成功しました。

 さて、今年の6月は、大ヒットシリーズの最新作「ポケットモンスターブラック2・ホワイト2」(DS、ポケモン)が大本命です。シリーズ初の続編タイトルで、毎年恒例となった7月の劇場版アニメに先駆けての発売というタイミングの妙もポイント。今後の発表にも注目しています。

 また、PSVitaも有力タイトルが続々と発売されます。一番期待しているのは「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」(アトラス)です。既に予約本数がPS2版の「ペルソナ3」の倍以上に達しており、かなり売れるのでは。「ペルソナ」の他にも「機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY」(バンダイナムコゲームス)、「メタルギアソリッドHDエディション」(KONAMI)なども発売されますし、本体も新色「クリスタル・ホワイト」も投入と大いに盛り上がりそうです。

 ◇12年6月のヒット予測

1位 ポケットモンスターブラック2(DS)

2位 ポケットモンスターホワイト2(DS)

3位 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D(3DS)

4位 ペルソナ4 ザ・ゴールデン(PSVita)

5位 ドラゴンズドグマ(PS3)

6位 トーキョージャングル(PS3)

7位 機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY(PSVita)

8位 喧嘩番長Bros.トーキョーバトルロワイヤル(PSP)

9位 メタルギアソリッドHDエディション(PSVita)

10位 カルドセプト(3DS)

 ◇参考資料 11年6月売り上げ結果(TSUTAYA調べ)

1位 龍が如く OF THE END(PS3)

2位 ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D(3DS)

3位 ダンボール戦機(PSP)

4位 ガンダム メモリーズ ~戦いの記憶~(PSP)

5位 バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D(3DS)

6位 メルルのアトリエ 3 ~アーランドの錬金術士~(PS3)

7位 テイルズ オブ ジ アビス(3DS)

8位 BLEACH ソウル・イグニッション(PS3)

9位 スーパーストリートファイター4 アーケードエディション(PS3)

10位 ワンピース アンリミテッドクルーズSP(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約500店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。96年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。02年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩いてきた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。