米津玄師さんのアルバム「diorama」
米津玄師さんのアルバム「diorama」

 タワーレコード新宿店のチーフ兼アニメ部長・馬嶋亮さんが、アニソンの売れ筋や、販売現場の生の声をお伝えする「新宿アニソンスコープ」。洋楽の聖地として知られるタワレコの中で、アニソンが充実し、巨大なPOPの展示やインストアライブを開くなど業界注目の新宿店の14~20日の1位は、音声合成ソフトを活用するクリエーター「ボカロP」の中で最も注目を集めているハチさんが、本人名義の「米津玄師(よねづ・けんし)」で出したアルバム「diorama」でした。

 ◇先週の結果

 米津さんの「diorama」が圧倒的な売れ行きで1位になりました。オリコンの週間アルバムランキング(28日付)でも約2万5000枚を販売して6位を獲得したことからもその人気ぶりがうかがえます。面白いのはアルバムの売れ方ですね。普通のアルバムは初日に最も売れるのですが、「diorama」は週末の土曜日がピークでした。初日にまずファンが買い、店内で曲を聴くなどして気に入った人たちが週末に購入したようです。楽曲の完成度も高く、世界観がきちんとした作品は、やはり売れますね。

 ちなみに2位のアルバム「プシュケの血の跡」を出した3人組バンド「Lyu:Lyu(リュリュ)」でボーカル・ギターを担当しているコヤマヒデカズさんも「ナノウ」の名義で活動していた「ボカロP」です。「ボカロP」の台頭に注目ですね。

 ◇今週の動向

 今回は有力作の発売が多く、首位が読みづらい状況。チャートもほぼ一新しそうです。まずは、菅野よう子さんのアルバム「アクエリオンEVOL イヴの詩篇」ですね。アニメ「這いよれ! ニャル子さん」のオープニング曲「太陽曰く燃えよカオス」(後ろから這いより隊G)や、声優・平野綾さんのユニバーサル・シグマ移籍第1弾のアルバム「FRAGMENTS」も上位にランクインしそう。また、ラジオパーソナリティーの鷲崎健さんのアルバム「『I Love You』のある世界」にも注目しています。

 ◇タワーレコード新宿店アニソンコーナーランキング(14~20日)

1位 「diorama」 米津玄師 アルバム

2位 「プシュケの血の跡」 Lyu:Lyu アルバム

3位 「MIRACLE RUSH」 StylipS ※アニメ「咲-saki-阿知賀編」OP シングル

4位 「→UNFINISHED→」 KOTOKO ※アニメ「アクセル・ワールド」ED シングル

5位 「アニメ『坂道のアポロン』オリジナル・サウンドトラック」 アルバム

6位 「ピアノオペラ ファイナルファンタジー1・2・3」 ※ゲーム アルバム

7位 「HELL:ium」 黒崎真音 ※映画「リアル鬼ごっこ3」主題歌など シングル

8位 「俺様の美技に酔いな」 跡部景吾 ※アニメ「新テニスの王子様」 シングル

9位 「機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック3」 アルバム

10位 「Start it right away」 ヒャダイン ※アニメ「黒子のバスケ」ED シングル

※左から順に、タイトル、アーティスト、※印は収録された作品

◇プロフィル

 馬嶋亮(まじま・りょう) タワーレコード新宿店7階(邦楽・販売促進)チーフ兼アニメ部長。イベント、ROCK/POPS、J-POPと渡り歩き、現在に至る。現在、タワレコ新宿店では、アニメ「AKB0048」のキャラクターが、タワレコエプロンを付けた看板が展示されています。6月に出るBD、DVDの購入者を対象に、看板と同じ絵柄のポスターを先着順でプレゼントしますので、気になる方はぜひ。