注目の新譜:平野綾 音楽活動再開! 移籍第1弾アルバムに気鋭のクリエイターが多数参加

アイドル

 声優でタレントの平野綾さんが移籍第1弾となるアルバム「FRAGMENTS」(ユニバーサルミュージック)を23日に発売した。

 昨年5月にベストアルバム「AYA MUSEUM」を発売して以降、音楽活動を休止していた平野さんが、1年ぶりのアルバム発表をもって音楽活動を再開。今回のアルバムはkz (livetune)、矢野博康さん、「fu_mou」、前山田健一さん、「ニルギリス」、渡辺翔さん、「ヒゲドライバー」、「Miss Modular」など、8組の気鋭の音楽クリエイターが参加。「FRAGMENTS(かけら)」と題された本作は、タイトル通り、平野さんの新たな面が多数詰め込まれたバラエティーに富んだ楽曲が収録された、おもちゃ箱のような1枚に仕上がっている。

 また、初回限定盤には、ボーナストラックとして平野さんが01年に「ロリータ℃」名義で発表した楽曲「君を守るために僕は夢を見る」のセルフカバーを収録。さらに、トータルクリエイティブとして、L'Arc~en~Cielの最新アルバム「BUTTERFLY」をはじめ数多くのアーティストのアートワークを手掛ける「ANSWR」がサポートしており、デザイン面でも注目すべき作品となっている。

 アルバム「FRAGMENTS」は、初回限定盤がボーナストラックを含む全9曲入りで3480円、通常盤が全8曲入りで1980円。初回限定盤には初回盤ブックレット、スリーブケース、フォトブック、2曲のミュージックビデオを収めたDVDなどの特典が付属。通常盤には初回限定盤とは写真が異なるブックレットが封入されている。(毎日新聞デジタル)

アイドル アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る