スノーホワイト:“戦う白雪姫”の吹き替えは坂本真綾 浪川大輔、大塚明夫も

映画
吹き替えに人気声優を起用した映画「スノーホワイト」のキャラクター。(左から)浪川大輔さんが吹き替えを務めるウィリアム王子、坂本真綾さんが担当するスノーホワイト、大塚明夫さんが担当するミラーマン(C)2012 UNIVERSAL STUDIOS.All Rights Reserved.

 名作グリム童話を基にしたアクション・アドベンチャー映画「スノーホワイト」(ルパート・サンダース監督)の日本語吹き替え版で、“戦う白雪姫”スノーホワイト役を人気声優の坂本真綾さんが演じることが28日、明らかになった。スノーホワイトの幼なじみで、彼女に思いを寄せるウィリアム王子役を浪川大輔さん、女王の魔法の鏡の「ミラーマン」役を大塚明夫さんが担当する。

 映画は、CMディレクター出身のサンダース監督が、これまでのイメージを一新させた異色の「白雪姫」を描く。ある王国を統治する女王ラヴェンナは、永遠の美と若さに執着し、毎日鏡を眺めていたが、鏡に「やがてあなたよりも美しい娘が現れます」と予言され、さらに「娘の心臓を食べれば永遠の美と若さを手に入れ、不死身となる」と聞かされる。女王は、その娘が自分の継娘スノーホワイトだと知ると、彼女を城の塔へ閉じ込めてしまう。7年後、スノーホワイトが塔から脱出し、深い森の奥へと逃げ込むと、女王は森に詳しいハンターのエリックを雇い、何が何でもスノーホワイトを捕えるように命じるが……という物語。

 日本語吹き替え版では、オスカー女優のシャーリーズ・セロンさん演じる悪の女王ラヴェンナ役を小雪さん、俳優のクリス・ヘムズワースさん演じるハンターのエリック役を椎名桔平さんが担当することでも話題を集めている。

 坂本さんは、スノーホワイトについて、「美しさだけではなく、勇ましくて激しさを持った女性」と分析し、「本当の美しさとは、外見のことではないのだと伝わってきました」とコメント。一方、浪川さんは、「これほどまでに白雪姫のイメージを変えてくれるとは! その中にしっかりと上品さも残っていて感動しました」と作品の感想を語り、大塚さんは「ディズニーアニメでしか白雪姫を知らない子供、そして『グリム童話なんて』と思っている子供、この映画は君たちのために生まれたのだよ」と呼びかけている。

 映画は6月15日から、TOHOシネマズ日劇(東京都千代田区)ほか、全国で公開予定。(毎日新聞デジタル)

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る