新連載「ENT.」で初めてマンガ化された「少女時代」のメンバー=小学館提供
新連載「ENT.」で初めてマンガ化された「少女時代」のメンバー=小学館提供

 韓国の女性グループ「少女時代」が、小学館の無料マンガサイト「クラブサンデー」で29日から配信が始まった新連載「ENT.(エンタ)」に登場することが分かった。韓国芸能界の裏と表を描いた作品で、少女時代のほか、東方神起、SHINee(シャイニー)のメンバーも実名で登場する。少女時代がマンガに登場するのは日韓を通じて初めて。

 「ENT.」は、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメントが全面協力し、所属アーティストたちが実名で登場する連載マンガ。ネットの世界で絶大な支持を得ている高校生ライターのユジンは、クラスメートのハン・ソミが、SM所属の新人グループの一員であるという秘密を握る。ソミはユジンとある契約をかわすが、それは“悪魔の契約”で……というスリリングなストーリー。韓国が舞台であることから、韓国内で人気の作家を起用してリアリティーも追求したという。

 クラブサンデーは、マンガ誌「少年サンデー」から派生した無料マンガサイト。毎週火曜、金曜に更新しており、「ENT.」のほかにも、Kコミックとのコラボ作品を連載中。韓国映画「猟奇的な彼女」などを手がけた郭在容(クァク・ジェヨン)監督原案のラブストーリー「風の色」などもフルカラーで連載されている。

 「ENT.」は韓国版が7月4日から「ネイバーWebtoons」で配信スタート予定。(毎日新聞デジタル)