WiiUで発売される「ニュー・スーパーマリオブラザーズU」のゲーム画面(c)2012 Nintendo
WiiUで発売される「ニュー・スーパーマリオブラザーズU」のゲーム画面(c)2012 Nintendo

 任天堂は5日(米国時間)、世界最大のゲーム展示会「E3」の前に開いた発表会で、新型ゲーム機「WiiU(ウィー ユー)」のソフトを公開した。大ヒットゲーム「スーパーマリオブラザーズ」シリーズの最新作「ニュー・スーパーマリオブラザーズU」や、さまざまなゲームが遊べる「ニンテンドーランド」などを投入する。

 「WiiU」は、任天堂が12年末に発売を予定しているWiiの後継ゲーム機。コントローラーには携帯ゲーム機のように6.2インチの画面があり、テレビとコントローラーの二つの画面を同時に使えるのはもちろん、コントローラーの画面だけでもゲームが遊べる。任天堂の宮本茂専務は、テレビに依存した従来のゲーム機とは違い、テレビ画面を占有しないゲーム機であることを強調しながら「家庭のテレビの使われ方も大きく変わっていく」と自信を見せた。

 「ニュー・スーパーマリオブラザーズU」は、横スクロールのアクションゲーム。4人でプレーでき、ゲームをアシストする機能も搭載する。会場では、空を飛んだり、水中を泳ぐ、ヨッシーに乗って敵を食べるマリオなどのゲーム画面が公開された。

 また「ピクミン」シリーズの最新作「ピクミン3」や、カラオケのように複数で集まって歌う「SiNG」、テーマパークをイメージして12種類のゲーム「アトラクション」を遊べる「ニンテンドーランド」などのゲームを公開した。任天堂は特設サイトでゲームのムービーや、内容なども発表していくという。(毎日新聞デジタル)