「俺はまだ本気出してないだけ」最終回が掲載される「月刊IKKI」(小学館)8月号の表紙
「俺はまだ本気出してないだけ」最終回が掲載される「月刊IKKI」(小学館)8月号の表紙

 40歳で会社を辞めてマンガ家を目指すことを決意した大黒シズオのどうしようもない日常を描く青野春秋さんのマンガ「俺はまだ本気出してないだけ」が実写映画化されることが23日、明らかになった。13年の公開を予定しており、キャストなどの詳細は今後、発表される。また、同作は25日発売のマンガ誌「月刊IKKI」(小学館)8月号で最終回を迎える。

 同作は05年に同誌で連載スタート。主人公・シズオは、マンガ家になる夢を追いかけながら、アルバイトとサッカーゲームに明け暮れる中年男性。娘・鈴子から借りた金で酒を飲んだり、バイト先のファストフード店では年下の若者に“店長”とあだ名をつけられてばかにされるなど、さえないシズオとその家族の日常を描いている。コミックスは4巻まで発売されており、最終5巻は今秋発売予定。

 連載は終了するが、同誌では今後、映画の最新情報を紹介するショート作品を掲載予定。また、「大黒シズオ役は誰だ!? クイズ~!!」を開催し、主演俳優を当てた人の中から抽選で3人に青野さんのサイン入り「『俺まだ』シズオ トートバッグ!!」をプレゼントする。締め切りは7月10日。(毎日新聞デジタル)