ミュージカル初挑戦となる「9nine」の吉井香奈恵さん(右)と吉井さんが演じるさくら・クロフォードのイラスト (C)2012ビックウエスト/ザ・ミュージカルチャー製作委員会 Illustrated by HIDARI
ミュージカル初挑戦となる「9nine」の吉井香奈恵さん(右)と吉井さんが演じるさくら・クロフォードのイラスト (C)2012ビックウエスト/ザ・ミュージカルチャー製作委員会 Illustrated by HIDARI

 ガールズユニット「9nine(ナイン)」の吉井香奈恵さんがアニメ「マクロス」シリーズ30周年を記念して公演されるミュージカル「マクロス ザ・ミュージカルチャー」で、さくら・クロフォード役でミュージカルに初挑戦することが9日、明らかになった。吉井さんは「歌が大好きなのでミュージカルはずっとやってみたくて、このお話をいただいたときはとにかく驚きとうれしさでいっぱいでした」と話し、「正直不安と緊張もあり、初めてなので右も左も分かりませんが、自分らしく自信をもって演じきりたいと思います」と意気込んでいる。

 「9nine(ナイン)」は5人組のガールズユニットで、吉井さんはリードボーカルを務めている。8月19日には日比谷野外大音楽堂(東京都千代田区)での同ユニット初の野外ワンマンライブ「野音の9nine」の開催が決定している。

 「マクロス」は、異星人との星間戦争というストーリーを軸に、等身大の若者たちを描いたSFロボット作品。第1作「超時空要塞マクロス」が82年に放送され、その後も映画版や続編などが制作される人気シリーズ。「マクロス ザ・ミュージカルチャー」は、同シリーズに欠かせない歌や三角関係といった要素を盛り込み、西暦2062年、地球を出発して29番目となる新マクロス級移民船団マクロス29(ツーナイン)を舞台に繰り広げられるオリジナルストーリー。

 同ミュージカルは、10月3~8日に東京ドームシティホール(東京都文京区)で公演される。開演は、3~5日は午後7時から、6、7日は午後1時からと午後6時から。8日は午後2時から。チケット料金は6800円(全席指定)。(毎日新聞デジタル)