相棒:10月から成宮寛貴の“3代目相棒”登場 交番勤務からのたたき上げ

テレビ
「相棒シーズン11」で初共演する、杉下右京役の水谷豊さん(左)と新たな相棒・甲斐享役の成宮寛貴さん=テレビ朝日提供

 俳優の水谷豊さんが出演する人気刑事ドラマ「相棒」の最新シリーズ「相棒シーズン11」(テレビ朝日系)が、10月から放送されることが13日、明らかになった。水谷さん演じる刑事・杉下右京の新たな相棒役に抜てきされた成宮寛貴さんが演じるのは、所轄署の交番勤務を経て、あこがれの刑事となった甲斐享(かい・とおる)と判明。右京と3代目相棒の2ショット画像も公開された。12年目にして新たな展開を迎える「シーズン11」が今秋、いよいよ始動する。

 成宮さんが演じるのは、刑事という職業に純粋なあこがれを持ち、大学卒業後に警視庁の採用試験を受け晴れて警察官になるが、希望していた凶悪犯罪を扱う刑事ではなく、制服の警察官として長らく所轄の交番で勤務することになっていた甲斐享。しかし、その努力と優秀さが認められ、署長推薦をもらい選抜試験に合格、念願の同署の刑事課・捜査1係の刑事となったという設定だ。ただ、どのようにして、右京の相棒になるのか、なぜ特命係に配属されることになるのか……といった詳細は明らかにされていない。

 今年3月に放送された「相棒シーズン10」最終話で、右京の相棒・神戸尊役の及川光博さんがシリーズから卒業。後任に注目が集まる中、成宮さんが3代目「相棒」に抜てきされたことが発表されると、大きな話題となったが、役名や役柄などの詳細は明かされていなかった。松本基弘ゼネラルプロデューサーは、「お待たせしました! 右京さんの新しい相棒をご紹介します! 甲斐享くんです。いったいどんなやつなんでしょう? どうして特命係に来ちゃうんでしょう? もちろんそれは見てのお楽しみ。さあ、相棒eleven、新しい冒険の幕開けです!」とコメントしている。

 相棒シリーズは、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・杉下右京(水谷さん)がその天才的頭脳で推理し、相棒とともに難事件を解決するドラマ。10年から11年にかけて放送された「シーズン9」では、第16話でシリーズ最高視聴率となる23.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。全18話の平均視聴率も過去最高の20.3%とシリーズを通して初めて20%の大台を超えた。今年3月まで放送された「シーズン10」も全19話の平均視聴率が16.6%と好調で、及川さんが卒業した最終回は同シーズン最高、相棒シリーズの最終回としても過去最高の20.5%を記録した。

 また、これまで3作の映画も製作されており、08年の「相棒−劇場版−」は動員370万人、興行収入44億4000万円、10年末に公開された劇場版第2弾「相棒−劇場版2−」も270万人を動員し、興収31億7000万円とヒット。来春には、川原和久さんが演じる警視庁捜査1課の伊丹憲一刑事が、田中圭さん演じるサイバー犯罪対策課専門捜査官とともに事件を追う展開になるという劇場版最新作「相棒シリーズ X DAY」(橋本一監督)の製作も発表されており、「シーズン11」とともに、「相棒」ワールドはますます広がりを見せることになる。

 成宮さん演じる甲斐享の加入で新たなステージへと足を踏み入れる「相棒シーズン11」は、今年10月から毎週水曜午後9時に放送予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る