人気グループ「SMAP」の木村拓哉さんが、10月スタートのフジテレビ“月9”ドラマ「PRICELESS」(仮)で主演を務めることが14日、明らかになった。木村さんが月9ドラマに出演するのは、10年5月放送の「月の恋人~Moon Lovers~」以来で約2年ぶりとなり、前回の社長役から一変、仕事を追われて極貧生活を強いられるサラリーマンを演じる。共演は、上司役で「HERO」劇場版以来の共演となる中井貴一さん、ヒロインの女性社員役は、木村さん、中井さんともに初共演となる香里奈さんが演じる。

 現在撮影に向けて準備中の木村さんは「日本の皆さんのチームワークから本当に『PRICELESS』な感動をいただいた」と、史上最多となる38個のメダルを獲得したロンドン五輪を振り返り、「僕もこの作品の共演者、スタッフと共にいいチームを組んで自分たちなりの作品をつくり、届けたいと思います」と意気込んでいる。中井さんは「急展開のドラマの行く末をしっかり見届けてください」、香里奈さんは「緊張していますが、同時にどんな撮影現場になるのかワクワクしています! 皆さまにしっかりついていけるよう体当たりで挑みたい」とコメントしている。

 ドラマは、会社の上層部からあることを理由に目を付けられてしまった木村さん演じるサラリーマンが、身に覚えのない罪を負わされ仕事を追われることに。途方に暮れながらも、さまざまな出会いと自身の前向きな性格で少しずつ前へ進んでいく姿をコメディータッチで描く。次々と驚くべきことが彼を襲い、家も唯一の通信手段だった携帯電話も失い、あっという間に無一文同然の身に転落してしまうが、公園で偶然出会った2人の子供たちに、お金を持たずに食べていける方法など生きるすべを学ぶ……という壮絶な展開。

 中井さんは長いものに巻かれてばかりの頼りない主人公の上司で、主人公に影響されて次第に変化していく。香里奈さんは、同じ会社の経理部に勤めている地味な女性社員役だが、主人公との出会いによってかたくなな彼女にも変化が現れていく。

 監督は、木村さん主演で人気を博したドラマ「HERO」の本編と劇場版を手がけた鈴木雅之さんが務める。同局の牧野正プロデューサーは「日本全国、全世代の皆さんに明るく、前向きな気持ちになってもらえるようなドラマを作りたい。全てを失いながら、決してあきらめずに毎日元気に生きていく主人公の姿から、勇気や希望を感じていただけたら」と熱い思いを語っている。(毎日新聞デジタル)