佐藤健:「るろうに剣心」に主演 アクションでダメ出しも「ハードルは高かったがやり切った」

映画 マンガ

 和月伸宏さん原作のマンガ「るろうに剣心−明治剣客浪漫譚−」(集英社)が実写映画化され、25日に封切られる。コミックはシリーズ累計で5700万部以上を売り上げているという人気作でテレビアニメ化もされた。かつては最強の暗殺者“人斬り抜刀斎”と恐れられ、明治維新後は緋村剣心と名を改め、日本中を流浪する主人公。彼が、行く先々で悪事を働く者たちを相手を殺すことなく成敗していく姿が描かれている。実写映画化に際して剣心を演じたのは佐藤健さんだ。「これが僕にとっての代表作になると思うし、なったらいいと思う」と仕上がりに胸を張る佐藤さんに話を聞いた。(りんたいこ/毎日新聞デジタル)

 原作は、小さいころに読み、好きなマンガの一つだったという。役作りのために、今回読み直し、テレビアニメは全部見直した。すると「幼いころには分からなかったせりふの意味や、作品自体が意外に重たい内容であることに気がついた」という。

 マンガは一見すると、そのタッチから軽快な人情ドラマを想像させる。アニメも、佐藤さんの言葉を借りるなら「ポップな感じ」で進んでいく。だが、いずれも物語に入り込むと、深い人間のドラマが描かれていることに気づく。今回の映画もまた、軽妙な人情劇とは距離を置く仕上がりとなっており、殺陣のシーンでは容赦なく鮮血が飛び散るなどハードな描写もある。佐藤さんはそんな今作について「視覚的に力がある」とし、「ポップな感じで進むアニメにしても、シーンによっては映像に凝っていたりする。暗い場面もある。その点で今回の映画はきちんと表現されていると思う」と話す。

 メガホンをとった大友啓史監督は、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(10年)の演出家として知られ、同番組で“人斬り以蔵”こと岡田以蔵を演じた佐藤さんとは見知った間柄だ。実は佐藤さんは、この「るろうに剣心」に「運命を感じていた」という。ちょうど今作と「龍馬伝」のオファーがほぼ同時だったからだ。ただ「るろうに剣心」は脚本作りなどに時間がかかり、「龍馬伝」の撮影の方が先に進んだ。そうこうしているうちに大友さんに監督の白羽の矢が立った。「(同じ人斬りの役の)お話をいただいた時点ですでに運命なのに、さらに監督が一緒。重なる共演者も多かった」。今作に美人女医・高荷恵役で出演している蒼井優さんも、喧嘩(けんか)屋・相楽左之助役の青木崇高さんも、さらに悪役の1人で実業家・武田観柳役の香川照之さんも、“龍馬伝チーム”の一員だった。

 その大友監督の演出方法については、「(一連の動きを中断せず)流れで撮ることを好む方。今回のアクションでも400メートル走を連続何回も走らされる感じでした」と振り返る。大変さが伝わってくるが、その半面で、やり切った満足感も伝わってくる。

 佐藤さんは「仮面ライダー電王」でブレークし、運動能力の高さは証明済みだ。他の撮影現場では、ちょっとしたアクションをこなすと「すごい」と褒められるそうだが、今回の現場では、「ダメなものはダメといわれた」という。ダメ出ししたのは、アクション監督の谷垣健治さんだ。倉田アクションクラブで学び、93年に単身、香港に渡り、「捜査官X」などで知られる俳優でアクション監督でもあるドニー・イェンさんの下で経験を積んだ逸材だ。だからこそ、厳しい言葉が飛んできても「それが気持ちよかったですし、逆に安心でした」と明言する。佐藤さんが、映画の後半、観柳の屋敷で何百という敵を相手に戦う場面は、まれに見る圧巻のアクションシーンだ。

 共演者については、ヒロイン神谷薫役の武井咲さんは、「可愛かったですし癒やされました。精神的に大人で、(撮影当時)17歳とは思えないほどしっかりしていた」と絶賛する。かたや強敵・鵜堂刃衛役の吉川晃司さんは「本番までお芝居がどうなるか全然分からない方」といい、彼と最後に対峙(たいじ)する場面が1度の撮影でOK になったことを挙げ、「その一瞬でお互いやり切った感がありました。カメラマンさんもそれを感じて(シーンを)切り取ってくれました」と仕上がりに自信を見せた。

 京都での撮影中、「アドレナリンが出っぱなし」で眠れない日々が続いたという。そんな経験が初めてなら、東京を長く離れて一つの作品に集中するのも初めてだった。「ゆっくり時間をかけて、ものすごくぜいたくに一つの作品で主演させてもらいました。その充実ぶりが作品の中に表れていると思います。ハードルはすごく高かったけれど、やり切った感があります」。そういい切った佐藤さんの表情は、大仕事を成し終えた達成感でひと回り成長した姿に見えた。映画は25日から全国で公開。

 <プロフィル>

 1989年生まれ、埼玉県出身。07年、「仮面ライダー電王」で初主演。「劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!」(07年)でスクリーンデビュー。NHK大河ドラマ「龍馬伝」で時代劇に初挑戦し、12年には「ロミオ&ジュリエット」のロミオ役で舞台初出演にして初主演。他の映画の出演作品に「ROOKIES」(08年)、「ROOKIES 卒業」(09年)、「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」(10年)、「BECK」(10年)など。ドラマでは「ROOKIES ルーキーズ」(08年)、「ブラッディ・マンディ」(08、10年)、「メイちゃんの執事」(09年)、「Q10(キュート)」(10年)、「冬のサクラ」(11年)など。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る