渋谷ヒカリエで開かれる「ファイナルファンタジー展」の様子
渋谷ヒカリエで開かれる「ファイナルファンタジー展」の様子

 人気RPG「ファイナルファンタジー」シリーズの生誕25周年を記念した特別展「ファイナルファンタジー展」の9月1日開幕を前に、同展が開かれる複合施設「渋谷ヒカリエ」(東京都渋谷区)で31日、先行公開とオープニングセレモニーが行われた。

 同展は、同シリーズの生誕25周年を記念した特別限定展覧会で、歴代の作品のイメージイラストなどを手がけてきた天野喜孝さんの原画28点を展示するほか、「ファイナルファンタジー1」から「14」までの開発資料、パッケージ展示やヒストリーボード、巨大な「ミッドガル」のジオラマや「バスターソード」、FF14のテレビCMで使用された武器など、これまでに制作されてきたオブジェなどがずらりと並ぶ。

 絵コンテや開発段階のキャラクターのイラストなど、「FF1」から「14」までの開発資料も展示されており、FFの歴史などを映像で楽しめるミニシアター「MEMORIES of FINAL FANTASY」や、スクリーンの前を通った来場客に最適な(ゲーム内の)職業を、キャラクターとともに「黒魔道士」「魔法剣士」などと表示してくれる「FINAL FANTASY CRYSTAL JOB ANALYZER」と名付けられた体験型の展示も設置されている。

 このほか、25周年記念グッズをはじめとしたさまざまなFF関連グッズやCD、ゲームなどが購入できる物販コーナーやガチャガチャブース、「ガンガン」編集部の協力で漫画家の荒川弘さんらによる「FF」をモチーフにしたイラストなどが多数展示されている。

 開催日程は9月1、2の両日で、午前11時~午後8時まで。入場は無料。セレモニーには、スクウェア・エニックスの和田洋一社長や天野さんらも出席。25周年を記念し、FF1~13でのソフトがすべて入った「FINAL FANTASY 25th ANNIVERSARY ULTIMATE BOX」(3万5000円)を12月18日に発売することも発表された。(毎日新聞デジタル)