MANTANWEB(まんたんウェブ)

ゲーム1週間:「レイトン教授」完結へ 河崎実が「地球防衛軍」映像化

ゲーム
「地球防衛軍」シリーズを実写映像化することを発表した河崎実監督

 1週間のゲームのニュースをまとめて紹介する「ゲーム1週間」。今回(25~31日)は、「レイトン教授」シリーズの完結編が来年発売されるニュースや、「地球防衛軍」や「メタルギア」の映像化に関する話題などが注目を集めた。

 29日、劇場版アニメ化もされたレベルファイブの人気ゲーム「レイトン教授」シリーズの最新作「レイトン教授と超文明Aの遺産」がニンテンドー3DS向けソフトとして発売されることが明らかになった。ゲームファン向けのインターネット番組「ニンテンドーダイレクト」で発表したもので、レベルファイブの日野晃博社長は「レイトンの最後で最大の冒険になる。発売は13年の早い時期」と話している。

 27日、隠れた名作として人気を集めるゲーム「地球防衛軍」シリーズが実写映像化されることが明らかになった。PSVita用新作「地球防衛軍3 ポータブル」(ディースリー・パブリッシャー、9月27日発売予定)の発売を記念して製作されるもので、「いかレスラー」「ヅラ刑事」「日本以外全部沈没」などの“B級映画”でおなじみの河崎実監督がメガホンをとる。2分程度の映像が9月27日にゲームのホームページで公開されるほか、同日、試写会が開催される予定。河崎監督は、「CGが全盛なのに特撮技術で撮影した。ゲームはハードな映像だけど、懐かしい感じの映像を作ってみました」と話している。

 30日、累計3240万本を出荷している人気ゲーム「メタルギア」シリーズがハリウッド映画化されることが明らかになった。コロムビア・ピクチャーズが製作、ソニー・ピクチャーズが配給する。映画「アメイジング・スパイダーマン」などを手掛けた映画プロデューサーのアヴィ・アラッドさんは「メタルギア」について、「深い物語、素晴らしいキャラクターがある」と評した。また、「メタルギア」シリーズの生みの親でゲームクリエーターの小島秀夫さんは「僕の体の70%は映画でできている。うれしいですね」と念願の映画化を喜んだ。(毎日新聞デジタル)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る