「花のズボラ飯」1巻のカバー(c)久住昌之・水沢悦子(エレガンスイブ)2010
「花のズボラ飯」1巻のカバー(c)久住昌之・水沢悦子(エレガンスイブ)2010

 女優の倉科カナさんが主演する10月スタートの深夜ドラマ「花のズボラ飯」(MBS・TBS系)に、アイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキさんが出演することが6日、明らかになった。加藤さんは、ドラマだけのオリジナルキャラクターとなる「ズボラ生態研究所」所長の遅井さん役で、倉科さん演じる主人公・駒沢花の“ズボラ”な生態を実況して解説する。加藤さんは「原作のテイストを生かしより面白いスパイスになれるように頑張りたい」と意気込んでいる。

 加藤さんは、NEWSのメンバーとしての歌手活動や作詞・作曲のほか、ドラマや舞台、バラエティー番組などでも幅広く活躍し、1月には作家デビューを果たすなど、その多才でインテリなイメージが研究者のイメージに合ったために今回の起用が決定した。ドラマのエンディングでは、一般視聴者から投稿されたズボラ飯メニューの紹介コーナーがあり、加藤さんが劇中の遅井さんとして、投稿されたレシピを基にズボラ料理を披露する。加藤さんは「深夜についおなかが空いてしまうような、そしてつい作って食べちゃうような、そんなドラマになれば」と料理にも意欲を見せている。

 「花のズボラ飯」は、月刊女性マンガ誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中のグルメマンガで、久住昌之さんが原作、水沢悦子さんが作画を担当。夫が単身赴任中で1人暮らしをしている花が、自分のためにズボラ飯(手抜き料理)を作って食べるだけの日常を描いており、そのユニークな内容で人気となり、「このマンガがすごい!2012」(宝島社)のオンナ編で1位を獲得している。コミックスは2巻までで累計で50万部以上を発行している。

 ズボラレシピは、レシピサイト「クックパッド」で今後開設される特設サイトから投稿可能。ドラマはTBSで10月23日スタート、MBSで10月25日スタートでともに深夜0時55分から放送。1話30分、全10話の予定。(毎日新聞デジタル)