ゲームショウ2012:過去最高の22万3700人来場 有力ゲーム盛況 データ配信も後押し

ゲーム
4日間で22万3700人を動員した「東京ゲームショウ2012」

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の「東京ゲームショウ2012」は23日、最終日を迎え、4日間で過去最高となる約22万3700人が来場した。これまでの最高は昨年の約22万2600人で約1000人上回った。「モンスターハンター4」などの有力タイトルがそろったこと、会場でのみ手に入るデータの配布など来場者の増加策が当たり、記録を更新した。 

 23日の来場者数は、雨だったこともあり、1日の過去最高を記録した3日目(22日)の約約8万3700人には及ばず、約7万6800人にとどまった。前日と同様30分繰り上げの午前9時半に開場。「モンスターハンター4」の体験プレーの整理券は、キャンセル待ちを含め、午前11時までになくなる人気ぶりで、「メタルギアソリッド ライジング リベンジェンス」や「龍が如く5」「テイルズ オブ エクシリア2」など各社の看板タイトルは2時間半から4時間待ちの列ができた。

 事務局によると、会場のみで配るソーシャルゲームの限定カード配布や、携帯ゲーム機を利用したデータ配信などが、来場者の増加に貢献しているとみている。昨年まではゲームショウへの問い合わせで、「発売前の新ゲームは必ず遊べるか?」「限定グッズは確実に買えるか?」という内容が目についたが、今回は「会場で配布するデータの受け取り方が分からない」という内容が出てきたという。(毎日新聞デジタル)

関連動画

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る