承太郎とDIOの等身大フィギュアにiPadを向けると、両者のスタンドが激しい戦いを繰り広げる様子が見られるコーナー「ARオラオラ体験」=6日開幕の「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」東京展で
承太郎とDIOの等身大フィギュアにiPadを向けると、両者のスタンドが激しい戦いを繰り広げる様子が見られるコーナー「ARオラオラ体験」=6日開幕の「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」東京展で

 人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」(集英社)の原画展「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」が6日、東京・六本木ヒルズの「森アーツセンターギャラリー」で開幕する。「ジョジョ展」は7~8月に作者の荒木飛呂彦さんの出身地・仙台市で開催されたが、東京で行われるのは今回が初めて。原画や本展用に描き下ろしたイラストなど200枚以上を展示するほか、第3部の主人公・空条承太郎とDIOの等身大フィギュアにAR技術を駆使して作中に登場する「スタンド」能力を体感できるコーナーが初出展されるなど、仙台とは異なる原画展となっている。開幕に先駆け、5日、報道陣向けに会場が初公開された。会期は11月4日まで。

 「ジョジョの奇妙な冒険」は荒木さんの人気マンガで、週刊少年ジャンプ87年1・2合併号で連載がスタートし、現在、月刊誌「ウルトラジャンプ」で第8部「ジョジョリオン」を連載中。数世代にわたり個性的な悪人たちと戦う壮大なストーリーに加え、独特の擬音を用いた表現、立ちポーズなどが人気を博している。シリーズ累計で8000万部以上の発行部数を誇っている。

 会場では、1~8部までの原画が各部ごとのコーナーに分けて展示されており、荒木さんの初期の作品や「岸辺露伴 グッチへ行く」などのコラボレーション作品の原画なども並んでいる。各コーナーは、それぞれの物語の世界観を表現するようなオブジェや、承太郎やDIOなど登場キャラクターの等身大フィギュア、物語の中に登場するアイテムなども展示され、より「ジョジョ」の世界が楽しめる内容になっている。さらに、仙台でも展示された第4部のキャラクター・岸辺露伴の仕事場や荒木さんの仕事場を再現したコーナー「漫画家のうちへ遊びに行こう」も展開する。

 AR技術を使ってジョジョの世界観が楽しめる企画も用意。承太郎とDIOの等身大フィギュアにiPadを向けると、それぞれのスタンドが激しい戦いを繰り広げる「ARオラオラ体験」、画面の前に立つだけで自分の画像とともに作中に登場するスタンドが映し出され、あたかもスタンドを発動させた感覚を味わえる「ジョジョの奇妙なスタンド体験」などのコーナーが用意されている。

 そのほか、「ジョジョ」の連載25周年を記念して荒木さんが監修したオリジナルの“遠隔操作型”スタンド「リモートロマンス」を使った特別企画も実施。会場にいるリモートロマンスを通じ、会場にいなくても原画展の様子がリアルタイムで見られるというサービスで、グーグルのサービス「Google+」のビデオチャット機能「ハングアウト」を使って、リモートロマンスを遠隔操作をしながら会場内の原画を見ることができる。リモートロマンスは7、8日か会期中の毎週火、水曜日の午後10時半から深夜0時の間に“発動”される予定。

 入場チケットはローソンチケットで販売。土日祝日の日時指定券は全て完売だが、平日の日時指定券はまだ余裕があるという。当日券は前売り券が予定数に達しなかった場合のみ、会場で販売される。チケット代は大人1800円(当日券2000円)、中・高校生1300円(同1500円)、小学生600円(同800円)、未就学児童は入場無料。(毎日新聞デジタル)