CLAMPのマンガ「×××HOLiC(ホリック)」のビジュアル (C)CLAMP/講談社
CLAMPのマンガ「×××HOLiC(ホリック)」のビジュアル (C)CLAMP/講談社

 シンガー・ソングライターのスガシカオさんが、アニメに続きWOWOWで13年にドラマ化される「×××HOLiC(ホリック)」の主題歌も担当することが明らかになった。7日、東京・台場のライブハウス「Zepp DiverCity」で開かれたフェス「CLAMP FESTIVAL 2012」の東京公演(昼・夜)で発表されたもので、同ステージに登場したスガさんは「曲のイメージはだいたいできていますが、ツイッターとかで皆さんからアドバイス、ヒントをいただけたら。実写版も盛り上げていきたい」と意気込んだ。

 「ホリック」は、マンガ創作集団「CLAMP(クランプ)」により03~11年にヤングマガジンと別冊少年マガジンで連載され、コミックス累計発行1200万部を誇る人気マンガ。2度にわたってテレビアニメ化され、スガさんは第1期の「19才」、第2期の「NOBODY KNOWS」でともに主題歌を担当している。ドラマ版はクランプ作品では初の実写化で、映画「ソフトボーイ」「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」などを手がけた豊島圭介さんがメガホンをとり、杏さんと染谷将太さんが出演することが決まっている。 

 同フェスはクランプ作品に出演した声優やアーティストがライブやトークを繰り広げるイベント。スガさんはステージで「NOBODY KNOWS」を披露したほか、人気アニメ「ツバサ・クロニクル」の主題歌も担当した歌手のコタニキンヤさんが同フェスのテーマ曲「ソラ、カゼ」をオープニングとフィナーレで2回披露。コタニさんは「フェスのテーマソングを歌えてとても幸せ」と感激した様子で観客とともに盛り上がった。

 フェスの司会は「ツバサ・クロニクル」のモコナ役で知られる菊地美香さんが務め、ほかにアニメ「カードキャプターさくら」の木之本桜役の丹下桜さん、大道寺知世役の岩男潤子さん、「ホリック」の百目鬼(どうめき)静、百目鬼遙役の中井和哉さん、四月一日(わたぬき)君尋役の福山潤さん、「こばと。」の藤本清和役の前野智昭さん、「ツバサ・クロニクル」のサクラ役の牧野由依さんが登場し、トークショーやライブを行った。イベント中には「カードキャプターさくら」がモバゲー向けソーシャルゲーム「カードキャプターさくら ~さくらと不思議なカード~」(アリカ)として近日中に発売されることも発表された。

 「CLAMP FESTIVAL 2012」は大阪公演が21日にライブハウス「Zepp Namba」(大阪市浪速区)で、名古屋公演(昼・夜)が12月2日に中日劇場(名古屋市栄)で開催予定。また、コタニさんが歌う「ソラ、カゼ」のCD(DVD付き)は1500円で発売中。CDにはカップリング曲として「カードキャプターさくら」のオープニング曲「プラチナ」とアニメ「BLOOD-C」のエンディング曲「純潔パラドックス」のカバー曲が収録されている。(毎日新聞デジタル)