スクエニ:シリーズ初のオンラインゲーム「ドラクエ10」来年度黒字化へ

ゲーム
「ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族 オンライン」のゲーム画面

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは6日、今年の8月にサービスを始めたシリーズ初のオンラインゲーム「ドラゴンクエスト10」について、来年度に黒字に転換するとの見通しを示した。

 松田洋祐取締役は、「ドラゴンクエスト10」についてMMORPG(多人数同時接続型オンラインRPG)の初期開発費が大きいとした上で、それを織り込んだ計画であると強調。「(オンラインゲームの)『ファイナルファンタジー(FF)11』が長い目で見ればシリーズで最も利益が高かった。(ドラクエ10も14年3月期の)来年度は利益に貢献してほしいと思っている」と説明した。

 エンターブレインの調べによると、ドラクエ10の販売本数(10月28日時点)は60万8000本と推計されており、400万本前後を売り上げるドラクエシリーズとしては大きく下回っているが、月額課金のオンライン専用ゲームということから、従来のパッケージソフトの販売数を大きく下回ることは想定内でむしろ、長期間にわたる継続的なサービスで収益を出すことを目標にしている。

 同社の12年9月中間決算は、売上高が前年同期比6.2%増の約610億円、営業損益は前年同期の約73億円の黒字から約52億円の赤字になった。主力のゲームソフト部門で初期開発費の増加、開発期間の長期化などが響き、部門の売上高の約307億円に対して、営業損失は約20億円の赤字になった。13年3月の通期予想は、売上高が1500億円、営業利益が75億円、当期利益が35億円としている。(毎日新聞デジタル)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る