ヱヴァンゲリヲン新劇場版:テレビ放送でスマホとシンクロ

アニメ
日本テレビ提供

 日本テレビは、9、16の両日、「金曜ロードSHOW!」で「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 TV版」が2週連続で放送されるのを記念して、データ放送画面やスマートフォンで楽しめる視聴者参加企画「ムーヴィシンクロナイザー」を実施することになり、事前の参加登録を受け付けている。

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は、90年代にブームを巻き起こしたテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を基にした4部作。今回、金曜ロードSHOW!では、9日午後9時に第1作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版」を放送。また、16日午後9時には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版 + ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 冒頭6分38秒 TV版」と題して、17日から公開される第3作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の冒頭部分6分38秒の映像を第2作「破」の後に放送することが明らかになっている。

 「ムーヴィシンクロナイザー」は、同局のソーシャルテレビサービス「JoinTV」やスマートフォンを活用した視聴者参加企画。スマートフォンの画面には「逃げちゃダメだ」など、作中の名せりふが放送されるまでのカウントダウン画面が表示され、名せりふが放送されるタイミングに合わせて「シンクロボタン」を押すとポイントが獲得できる。またデータ放送画面でも名せりふに合わせて青ボタンを押すとポイントが得られる。

 また、スマートフォンで事前登録すると「序」の名シーン「ヤシマ作戦」にちなみ、「蓄電ボタン」を連打してポイントをためる仕掛けも盛り込まれ、「破」の放送時には「綾波救出作戦」をボタン連打で援護することができる。

 また、データ放送で獲得したポイントに応じて、「序」や「破」のブルーレイセットや「Q」の映画鑑賞チケット、限定グッズが当たる。(毎日新聞デジタル)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る