美少女仮面ポワトリン:今や17歳の息子の母! 花島優子が22年ぶりに変身

映画 芸能

 90年にテレビ放送された「美少女仮面ポワトリン」が登場することで話題の仮面ライダー劇場版最新作「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦  アルティメイタム」(坂本浩一監督)のイベントが4日、東京都内で行われ、テレビシーズでポワトリンを演じた花島優子さん(40)が22年ぶりにポワトリンに扮(ふん)してゲスト出演した。花島さんは「当時の衣装なので、着られないと思ったら着れました!」と大喜びで、ステージ上で当時と同じポーズやせりふを披露して、会場を盛り上げた。

 「美少女仮面ポワトリン」は、90年にフジテレビ系で放送された特撮ドラマ。「愛ある限り戦いましょう。命、燃え尽きるまで」などの決めぜりふなどが有名で、人気を集めた。今回の映画では、花島さんが演じたポワトリン役を入来茉里さんが演じている。

 「ポワトリンは青春の1ページ」と語る花島さんは、ポワトリンについて「私にとってもアイドルでありヒロイン。大切な思い出です」としみじみ。「17歳のころにポワトリンをやっていた私ですが、もう17歳の息子がいるんですよ」と時の流れを感じるコメントで、観客を驚かせた。イベントには、タレントのKABA.ちゃんも登場。ポワトリンの変身ポーズを見たKABA.ちゃんは「あの変身すれば、美少女になれるのかしら。後でやってみよう」と語り、花島さんたちを笑わせていた。

 映画は、テレビで放送中の「ウィザード」と前作の「フォーゼ」が活躍する新旧の仮面ライダーが共演する「MOVIE大戦」シリーズの最新作。「美少女仮面ポワトリン」のほか、「イナズマン」などの有名キャラクターも劇中に登場する。8日に全国で公開。(毎日新聞デジタル)

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る