中越典子さんが主人公の声を演じるアニメ「夕餉」(C)NHK・NEP・キュリオスコープ
中越典子さんが主人公の声を演じるアニメ「夕餉」(C)NHK・NEP・キュリオスコープ

 直木賞作家の短編小説をアニメ化した「大人女子のアニメタイム」の第2弾が13年3月にBSプレミアムで放送されることがこのほど明らかになった。アニメは1話25分全3話のオムニバスで、角田光代さん原作の「人生ベストテン」、山本文緒さん原作の「どこかではないここ」、山田詠美さん原作の「夕餉(ゆうげ)」がアニメ化され、女優の中谷美紀さん、木村多江さん、中越典子さんが声優としてそれぞれの主人公の声を担当する。

 「大人女子のアニメタイム」は、唯川恵さん原作の短編「川面を滑る風」が女優の田中美里さんを声優に迎えてアニメ化した第1弾が11年1月にNHK総合で放送され、好評を博した。第2弾の1話目「人生ベストテン」は、中谷さん演じるキャリアウーマンの鳩子が、中学校のころにファーストキスをした相手と二十数年ぶりに再会することになる……という展開で、“アラフォー”独身女性の揺れ動く気持ちを描く。2話目の「どこかではないここ」は、木村さん演じる生きている実感がなく、うつろに生きる43歳の主婦の真穂がこじれていた母親や娘との関係を見直すことで一歩を踏み出すという物語。3話目の「夕餉」は、中越さん演じる人妻の美々が家を飛び出し、若い男性と暮らし始め、自分の料理を喜んで食べる男性の存在によって自分の生きる意味を見いだしていく……というストーリー。

 原作は各話でそれぞれ作風が異なることから、キャラクターデザインや美術デザインも各話ごとに設定。また、実際の食材を撮影したり、アクセサリーやインテリアを随所にちりばめ、大人の女性がリアルを感じながら物語に引き込まれる映像作りを目指すという。神谷浩史さん、浪川大輔さん、福山潤さん、日野聡さんら人気声優も出演予定。(毎日新聞デジタル)