京都アニメーション制作のオリジナルアニメ「たまこまーけっと」の新ビジュアル (C)京都アニメーション/うさぎ山商店街
京都アニメーション制作のオリジナルアニメ「たまこまーけっと」の新ビジュアル (C)京都アニメーション/うさぎ山商店街

 京都アニメーション制作のオリジナルアニメ「たまこまーけっと」の新ビジュアルが19日深夜、公開された。主人公のたまこが両手を広げて宙に浮き、たまこの頭の上にいる謎の鳥も翼を広げて飛んでいるように見えるビジュアルで、作品の舞台となる「うさぎ山商店街」の町並みが背景に描かれている。また人気声優の小野大輔さんら新キャストとキャラクターも発表された。

 小野さんが演じるのは、花屋「フローリスト プリンセス」の店主・花瀬かおる役。そのほか、豆腐屋の「清水屋」の清水富雄役を川原慶久さん、魚屋「さしみ」の主人・魚谷隆役を成田剣さん、妻の真理役を日笠陽子さん、うどん屋「みやこうどん」の白木忠直役を野坂尚也さん、銭湯「うさ湯」の湯本長治役を津久井教生さん、レコード屋「星とピエロ」の八百比邦夫役を辻谷耕史さん、玩具店「トキワ堂」の常盤信彦を家中宏さん、肉屋「ジャストミート」の満村文子役を渡辺久美子さんが担当する。

 また29~31日に開催される日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット83」の企業ブース「京都アニメーション」(ブースナンバー222)、「ぽにきゃん」(同315)「TBSアニメーション」(同341)の各ブースで、「たまこまーけっと」のキャラクターデザインを担当する堀口悠紀子さんの描き下ろしの「特製年賀状」を無料配布する。また、プロモーションビデオも上映する。

 「たまこまーけっと」は、うさぎ山商店街にある餅屋の娘・たまこの元に、人の言葉を話す不思議な鳥が来て、たまこの家に居候することになる……という展開で、商店街と学校を舞台に、人と人との温かい絆を描く。TOKYO MXなどで13年1月9日から放送。(毎日新聞デジタル)