紅白歌合戦のリハーサルに登場した紅組司会の堀北真希さん
紅白歌合戦のリハーサルに登場した紅組司会の堀北真希さん

 大みそかに放送される「第63回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで始まり、白組司会者に3年連続で選ばれた人気グループ「嵐」と初めて紅組司会者を務める女優の堀北真希さんが登場した。堀北さんは「リハーサルで今年の紅白の全ぼうが見えてきて緊張が高まっています。今はまだ緊張が大きいですが、気持ちを切り替えて楽しみたい」と心境を語り、本番で初出場のきゃりーぱみゅぱみゅさんの紹介をすることについて「(間違えないように)目下練習中です」と笑顔を見せた。

 嵐の櫻井翔さんは「夏は24時間テレビ、冬は紅白の司会、と大きな仕事がたくさん入って、ぼこっと飛び出た特別な年だった。来年はどうなっちゃうのか……」と12年を振り返り、松本潤さんも「できすぎの年ですよね」とうなずいた。二宮和也さんは「5人でいられる時間が多かった年だったんじゃないかと思います」と語り、相葉雅紀さんは「濃い12年に負けないように、さらに濃厚な1年に。5人みんなで一緒に過ごしたいな」と抱負を語った。

 また堀北さんの様子について、松本さんは「すごく落ち着いていらっしゃって頼もしい限り」といい、相葉さんも「理屈抜きで楽しめばいい。アドバイスはありません。信じてます!」と堀北さんを応援した。

 本番の見どころについて、櫻井さんは「いろいろなところからの中継の全ぼうが分かるのは、僕達も本番当日なので、楽しみ」といい、自身の出演については、体にセンサーを取り付け、リアルタイムでCG映像を創り出すパフォーマンスを披露するといい、「おそらく、世界初じゃないかな」と期待を盛り上げ、松本さんも「挑戦してます」とうなずいた。一方、堀北さんは、主役を務めた「『梅ちゃん先生』の共演者が応援に駆けつけてくれるのを、とても楽しみにしています」と笑顔を見せた。

 今年の紅白歌合戦は、全出場歌手は紅組・白組合わせて50組が出場。「ニッポンラララ♪ 歌で会いたい。」がテーマで、白組司会者は人気グループ「嵐」、紅組司会者は女優の堀北真希さん、総合司会は有働由美子アナウンサーが務める。31日午後7時15分~同11時45分(途中、5分間ニュースで中断)に放送予定。大野智さんは「12年を締めくくる歌合戦なので、見てる人たちにも達成感があるような番組になったら」といい、堀北さんも「今年1年を一緒に振り返りつつ、来年に希望が持てるような紅白にしたい」と意気込んでいた。(毎日新聞デジタル)