「鉄人28号ガオ!」のビジュアル(C)光プロダクション・フジテレビ・エイケン
「鉄人28号ガオ!」のビジュアル(C)光プロダクション・フジテレビ・エイケン

 第1弾の放送から50周年を迎えた「鉄人28号」のアニメが4月に「鉄人28号ガオ!」(フジテレビ系)として復活することが22日、発表された。同作がアニメ化されるのは、07年公開の劇場版アニメ「鉄人28号 白昼の残月」(今川泰宏監督)以来約6年ぶり。1話の放送時間は5分程度で、戦闘シーンがメーンだったこれまでの作品とは異なり、主人公・正太郎の日常を中心にストーリーが展開される予定で、ポップなタッチで描かれた鉄人やブラックオックスのビジュアルも公開された。

 「鉄人28号」は横山光輝さんのマンガが原作で、少年探偵・金田正太郎が巨大ロボット・鉄人28号を操り、悪と戦う姿を描いた作品。60年にテレビドラマが放送されたほか、テレビアニメ第1弾がフジテレビ系で63~66年に放送。さらに、80、92、04年とこれまで4度にわたってテレビアニメ化された。

 フジテレビの原大輔プロデューサーは「鉄人28号ガオ!」について「今まで見たことがない方にも楽しんでいただけるよう、ポップで新しいイメージでリメークしました。朝早い時間での放送ではありますが、ぜひご家族で楽しんでいただけたらと思います」とコメントを寄せている。

 「鉄人28号ガオ!」はフジテレビ系で4月6日から毎週土曜午前4時52分~5時に放送。(毎日新聞デジタル)